おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
南岸尾根

今晩は。
社山から茶の木平に抜けるとは!驚きです!
ちなみに、茶の木平から明智平方向に向かうと、途中の鉄塔台地の所から地図にない道があり、中禅寺湖方面に抜けられます。当日黒磯の方がこちらから登ってきていて、かなりのツツジ密度と言っておられました。
写真を拝見し、自分と同じ所で撮っておられていて、思わず笑ってしまいました。そして、茶の木平の登り口の爺さんに写真撮りを邪魔されたのも同じです。あの爺さん、何時間同じ所に居たのだろう。写真家とは本当に困りものです。
社山〜黒檜岳は奥日光でも屈指の気持ち良い尾根なので、一度お試しください。

ぶなじろう 2018/05/04(Fri) 20:04 No.551 [返信]
Re: 南岸尾根
ぶなじろうさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
東武鉄道の広告ポスターに触発されて行ってみた次第ですが、南岸尾根は疲れました。明智平の展望台から華厳の滝も見てみたかったのですが、登り返しが面倒で滝の音だけ聞きながら尾根末端へ下りました。中禅寺湖方面へ抜けられる道があったのですね。帰路、華厳の滝駐車場辺りから見た右手斜面がピンクに染まっていたように記憶しておりますが、本当に悔やまれます。
湖畔で男体山をバックにしたアカヤシオの写真は、まさに同じ場所ですね。それに茶ノ木平のお爺さんが陣取っていた場所がポスターの撮影場所だと思うと、こちらも悔やまれます(笑)
しかし、大日尾根を始め、次の楽しみが増えた気がしております。社山〜黒檜岳の尾根歩き、ぶなじろうさんの記事も改めて拝見させていただきましたが、いずれ歩いてみたいと思います。
HIDEJI 2018/05/04(Fri) 23:31 No.552
無題

今年は,余所を歩いているので,奥日光のアカヤシオを見損ないソウですが,湖畔まで咲いてましたか(驚)。湖畔に咲いている記憶など無いから,やはり今年は何処も彼処も当たり年のようですネ。それにしても,今年は開花が早すぎて,予想を立てるにも難しくて参ってますヨ。明日出かけるつもりなんだケド,どうするかなぁ〜。。。
ちなみに,「男体山を眺めながら下る。それと、手前に見える尾根・・・」というのが,大日尾根で,その筋の方々は,結構,歩いています。自分もニセピークが多い一般道より,此方の方が好きですヨ。

瀑泉 2018/05/04(Fri) 10:19 No.549 [返信]
Re: 無題
瀑泉さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
おっしゃるように、アカヤシオの開花は早く奥日光も終わりかなぁと思ってましたが、いたるところで咲いてましたので、よく分からないですねぇ。でも、個人的には大満足でした。
大日尾根の情報ありがとうございます。いつもろくに調べもしないで山行に臨みますので、尾根のことは知りませんでした。瀑泉さんを始め、皆さんの記事を拝見するに、なんで歩かなかったのかと悔いが残りました(^^;
次の機会があれば、大日尾根、そして黒檜岳方面も歩いてみたくなりました。ただ、シャクナゲの藪は歩きたくありませんので、その時にはショートカットルートで(笑)
HIDEJI 2018/05/04(Fri) 14:06 No.550
金岳

HIDEJIさん、こんにちは。
金岳を歩かれましたか。前に地形図を一瞥しただけで敬遠してしまった山ですが、岩場の写真を拝見してますます行く気がなくなってしまいましたよ。ただ吉田地区には人があまり歩かない場所が残っているような感じがしますので、折をみて開拓してみたいと思っています。

十津川村 2018/04/28(Sat) 13:30 No.547 [返信]
Re: 金岳
十津川村さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
金岳では緊張しましたが、見晴らしもよく気持ちのいい岩稜でした。あのエリアには一般ハイカーはあまり立ち入ることがないと思われますが、城峯山へ向かって山深い雰囲気が気に入りました。また機会を作って探索したいと思います。
HIDEJI 2018/04/28(Sat) 18:40 No.548
武川岳

天気予報はいい予報ははずれて悪い予報は当たる印象があります。
核心部の岩場は雨の日に登る場所ではないように思えますが(笑)。アカヤシオ、既に盛りを過ぎているようですが花付きも悪くなく中々いい感じですね。埼玉は栃木より暖かいので大持山・子持山辺りも見頃になってそうですが間違いなく人が多くて一人占めはできなかったでしょうね。GWは前日光・袈裟丸辺りの妙なところを歩けばアカヤシオ独占できますよ(笑)。
HIDEJIさんはGW明けに残雪歩きですか。私は明日出かける予定です。3000m級ではないですが(笑)。

ふみふみぃ 2018/04/21(Sat) 13:40 Home No.545 [返信]
Re: 武川岳
ふみふみぃさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
先日は、午後から晴れマークにすっかり裏切られました。おっしゃるとおり、あのような岩場は雨の日に行っちゃいけませんね。あれでも滑るので結構おっかなびっくり。お尻を付けながら進んでましたが。あまり人に見られたくない姿です(笑)
アカヤシオは辛うじて見れた感じですが、ふみふみぃさんのようなお祭り会場が羨ましい限りです。GWは前日光・袈裟丸辺りがお祭り騒ぎですか。ただ、妙なところというのが引っ掛かりますけど(笑)
そろそろ足尾・日光方面にも繰り出したいなぁと考えているところです。
夏日が続いてますから、GW明けの残雪は厳しそうですが、明日は雪山ですか。どちらに行かれるのか気になりますが、お気をつけて。記事楽しみしております。
HIDEJI 2018/04/21(Sat) 20:46 No.546
武川岳

武川岳の記事、拝見しました。むしろ、自分の眼には毒どころか保養になりましたよ。
相変わらずの元気プラザからのルートですね。いろいろ聞かれるのはやっかいな作業ですが、HIDEJIさんがよく歩かれるルートですから、それなりに魅力もあるのでしょう。いずれ歩いてみたいと思っていますが、口頭ながらも七面倒くさいのは嫌なので、正丸峠下の林道脇にでも車を置いて登った方が自分には無難な気がします。
やはり、ツツジも標高を上げていますねぇ。前日の自分の500mがすでに終わっていたのもうなづけます。でも、ちょっと幻想的なヤマザクラ、雨上がりのこともあるでしょうが、なかなか良いですね。せめてあれぐらいは見たかったです。用事予定もなく、さっさと出かけたら、雨降り前には見られたでしょうが、その時は曇天だったろうし、花見もまた天気次第の見頃云々で難しいですね。
記事中で、いろいろと気になることがありました。
カエルは最近、少なくなったのか、なかなか山中で見ることはなくなりました。大きなガマガエルはよく見かけたのに、小型のアマガエルすら見なくなりました。
次。踝の皮剥げ。結局は絆創膏になったようですが、バンテージは持って歩きません? 痛み出した時点でならまだ間に合いますよ。皮が剥けた後では、確かにバンドエイドクラスになってしまいますけどね。
そして、冒頭の3000mクラスの雪山とは? 気になりますねぇ。おそらく、眼の毒になって記事は拝見しなかったでしょうが、参考までどちらのご予定だったのでしょうか。
最後。メリノウール。武川岳に着て行かれたようですが、あのシャツ、薄手でなんとなく頼りない感じはしますが、まだ肌寒い時にもなかなかのものでしょう。ただ、この時期はどんなものだろうかとは思っていました。やはり汗びっしょりでしたか。やはりかなと納得です。
以上、3時間未満歩きにしては、充実のことと拝察いたしました。

たそがれオヤジ 2018/04/17(Tue) 23:17 No.543 [返信]
Re: 武川岳
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
やはりあの程度の歩きでは、目の毒にはなりませんよね(笑)
標高1,000m程度の山に登ろうとした時に、あのルートは短時間で登れて、おまけに人も少ないし、何かと都合の良い山です。
あと、短いなりに岩場や急登などバラエティに富んだルートで、歩いた時間など前回と比べては体調や体力のバロメーターにしてます。
駐車に関しては仰るとおりで確かに面倒ですね。それに利用時間17時までの縛りがなければ、天狗尾根や伊豆ヶ岳とか周辺にも足を延ばせますし。
奥武蔵あたりのアカヤシオはすでに峠を越してしまった感じではないでしょうか。シロヤシオも月内に咲き始めるのではと気になるところですが、見れたらラッキーくらいで構えていようかなぁと思っております。
ヤマザクラは、ちょうど見頃だったようで、どんよりとした中でも規模が広いとそれなりに絵になりますね。
それとカエルは確かに山の中で見ないですね。いるところには居るのでしょうけども。話はそれますが、ヘビも山中では見かけないです。過去に奥武蔵で2度ほどマムシを見かけた程度で、他は記憶にありません。
バンテージは持ち歩いてはいないのですが、靴を脱ぐのが面倒で、つい無理してしまいます(^_^;)今度試してみます。
3000m近い雪山とは木曽駒ケ岳でした。ロープウェイが使えて、楽が出来そうという条件を付ければピンと来たのではと思います。一応延期してGW明けに歩く予定にしてますが、残雪が期待出来るのか怪しいところです。たとえ行けたとしても、おそらくあっさりとした展開で決して目の毒にはならないのではと思います(笑)
メリノウールは薄手なのはいいのですが、速乾性・通気性は高くないようで、汗がなかなか乾かないのが難点でしょうか。
あと、ハズキルーペの情報ありがとうございます。非常に興味を覚えましたので、チェックしてみます。
HIDEJI 2018/04/18(Wed) 20:53 No.544
東秩父村

今晩は。
冒頭の写真、とても綺麗ですねぇ〜。桃の後の桜とツツジのコラボも捨てがたいですネ。毎年こうなのでしょうか?それとも今年のバカ陽気がなせる業なのか?
中間平の核心部には寄らなかったのでしょうか?中間平の春景色はどうなっているのだろうかと、以前から気になっているところでした。
そして、中間平から風布に出られる事は知りませんでした。自分がもっている昭文社2006年度版「奥武蔵・秩父」には道記号はありません。今回の記事で、花桃後のここいらを徘徊したい気分が高まりました。とても参考になりました。

ぶなじろう 2018/04/11(Wed) 21:39 No.541 [返信]
Re: 東秩父村
ふなじろうさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
桜とツツジのコラボは綺麗でした。今回初めて花桃の郷へ行きましたが、山桃の終わりかけで、桜はともかく、今年はツツジが早いような気がします。バカ陽気の影響も多分にあるのだと思われますね(笑)
中間平は良さそうな所ですね。それを全く認識しておらず完全にショートカットしてしまいました。。。(^^;)
知っていれば、林道を1時間近く歩いたのち、杉の斜面で花粉まみれになるという踏んだり蹴ったりの展開にはならずに済みましたのに(笑)
中間平から風布へ続く道は、15年度版の地図にも記載されていませんでしたが、中間平緑地公園を示す道標はありましたので、間違いなく通じていると思いますが、風布は雰囲気のいい所ですね。
HIDEJI 2018/04/11(Wed) 23:56 No.542
父不見山

父不見山、まずはご苦労さまでした。
この山、私は群馬の上野村から登ったことがあるだけで、埼玉側の登山ルートの状況をよくは知らないのですが、大方は直下から登るのが通常のようで、長久保川の両岸尾根というのですか、それにこだわりを持って登るというのは、ネット記事でもあまり見かけないようですね。地図をじっと眺めていても、なかなか思いつかないルートのような気がいたします。
累積標高差1900m超えとはすごいですね。アップダウンの連続で、後半はうんざりと嫌気が出てくるのも当然のことでしょう。
これが周囲に何もない一本調子の尾根なら、逃げ場もなくたまったものではないでしょうが、適当に林道がクロスしたり、ブル道が脇を通ったりということなら、安心感はありますが、散々上に登ってからそんなのを目にするのは嫌なものでしょうね。
お薦めは右岸尾根ですか。記事を拝見すると、何だか下りにしてもエンドレスといった感があって、まして566mピークの写真なんかを見てしまうと、お薦めされても、正直のところその気になれないといったところがありますけどね。
右岸尾根の使い方ですが、こういう場合、下るに連れて花が出て来て気持ちがなごむのと、登るに連れて色が消えていくのでは、気分的にどんな負荷がかかるのかなと、つまらないことを考えてしまいました。上まで色付きなら、違和感もなく歩けたでしょうし、もうちょい先伸ばしで登られていたら良かったかもなと思いもしました。でも、こういうのは結果論ですからね。

例の本、続編が出ましたか。本編が好評だったのでしょうね。早速、購入することにいたします。情報ありがとうございます。

たそがれオヤジ 2017/04/18(Tue) 12:07 No.456 [返信]
Re: 父不見山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
以前いただいたコメントがきっかけとなり、今回の山行となりました。父不見山は群馬県の山というイメージが強く、あまり埼玉側から登る人は少なそうですね。
両岸尾根とも距離が長く、後半はアップダウンに参りましたが(^_^;)。岩場から見下ろした566m峰が、嫌なものを見てしまったといった感じで、手前の峠でエスケープしようかと散々悩みましたが、妙な使命感に縛られて、それも出来ず。。
右岸尾根の方が荒れていたり、ちょっとした岩場があったりと、秩父とも奥武蔵とも違った雰囲気で、なかなか良い尾根でしたが、お勧めは。。やめておきます(笑)
道や林道に出るとホッとすることもありますが、山頂近くでは少し興ざめしますね。まぁ、埼玉の場合、そんなところばかりなのかもしれませんが、それを避けるなら、中津川や入川の両岸など秘境に近いエリアに行かないとダメですかね(^_^;)
ツツジがもう少し咲いていたりすると、下りも気分的に違っていたのかもしれませんが、個人的には右岸尾根は上りの方が良かったかなぁとも思います。
それと今回のきっかけとなりました城峯山を抜け縦走路、歩き切れるか分かりませんが、どんな形になるか分かりませんが歩いてみたいと思います^_^
例の続編、先月出版されたのをたまたま気づき、飛びついてしまいましたが、益々、秩父や奥秩父に足を運びたくなりました^_^
HIDEJI 2017/04/18(Tue) 21:52 No.458
無題

HIDEJIさん、こんにちは。
「花粉症を我慢して…」の記事を拝見、福寿草と座禅草の写真に刺激されてしまい、昨日HIDEJIさんと全く同じルートを歩いてきました。

上りルートの、両側から沢がすぐ下まで迫ってくる辺り、カタクリがたくさん咲いていて楽しめました。
大反山と若御子山は初訪だったのですが、あの辺りは道型が分かりにくいですね。地形図もコンパスも出さずにただテープを追って下ったのですが、もしテープが無くなってしまったら、下りで使った人の半分ぐらいは遭難してしまうだろうな、などと思ったりしました。

当方、憩いの広場に座禅草が咲いていると思い込んでおり、夕暮れが迫る広場を懸命に探してしまいました。あれは、麓の農家の畑にあったものなんですね(笑・帰宅後レポを再読)。

十津川村 2018/03/30(Fri) 16:06 No.538 [返信]
Re: 無題
十津川村さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
カタクリは主稜線の手前で数株の葉を見ましたが、ヤセ尾根の先辺りで咲いていましたか。開花していなかったからか気付きませんでしたが、それは秘密の花園ですね。
大反山と若御子山は、想像していたよりも、歩く人が少ないように感じましたが、それでなのか、おっしゃるとおり道型は分かりにくいかもしれませんね。特に若御子山からの下りは、かなり危険なレベルかと思いましたが、ふみ跡も不明瞭でテープを見ながらも、ルート間違っているのではと疑心暗鬼になりました。足だけで下れず、おっかなびっくりでしたが、テープやロープがなければ遭難のリスクは高まりそうですね。
憩いの広場の福寿草は大ドッケと比べると迫力に欠けるかもしれませんが、個人的には嫌いではない雰囲気でした。ただ、あそこで座禅草を探されてしまったのですね。。(^^;)
HIDEJI 2018/03/31(Sat) 00:13 No.539
上州武尊山

インドアの趣味があると外に出つらくなりますよね。私は山に集中するため先日ソシャゲをアンインストールしました。まあ飽きただけとも言いますが(笑)。
リフトで上に行ける山は気分も楽だし人が集まるんでしょうね。
ホームセンターで売ってるゴムの厚そうな手袋、雪山ではあまり使いませんが藪では大活躍してますよ(笑)。洗濯して一年くらいは使えますし。
ナゲさんも様子をか窺っていたようですがまた一月ほどは大人しくしてそうですね。
しかし登り始めからずっと雲もなく素晴らしい展望ですね。昨日雪山に行きましたが中々雲が消えずやきもきしました。冬の雪山は展望、夏の藪山は探検を楽しみに登るものかなと思ってます。
スノーシューはいつ使うべきなのか未だに分かりません。いつも荷物になるだけで・・。よほど平坦で広いとこ歩かないとうまく使えないのかなと困ってます。

ふみふみぃ 2018/03/18(Sun) 12:01 Home No.536 [返信]
Re: 上州武尊山
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
最近、芸事を始めまして、お稽古があったりして(笑)、あと寒いのも苦手でつい出不精になりますね(^^;)
武尊山でのあの展望は運がよかったです。雪山に関して、晴れてる中をいかに楽して展望を楽しむか、出来れば吹雪かれたくない、ラッセルは避けたいし、とそんな甘えからついリフトが使える山を探してしまいます。
ふみふみぃさんの雪山歩き、速報版を拝見しましたが素晴らしいですね。羨ましい限りですが、あの世界は楽しては体験できないでしょうね。私とはレベルが違い過ぎます。
スノーシューはそれを目的に場所を選んで行かないと、出る幕が少ないかもしれないですね。
なるほど、ゴム手袋は藪をかき分けたり、また手の保護とかに藪歩きには最適なアイテムなのでしょうか。納得です(笑)
今日は、ふみふみぃさんに触発され、久しぶりに秩父の山へ行きましたが、同じく花粉症で大変でした(^^;)。
HIDEJI 2018/03/18(Sun) 21:11 No.537
上州武尊

こんばんわ。
行かれましたね!この付近にして、爽快な眺めと雰囲気、いかがだったでしょう。ちょっと人が多めなのは百名山なのでしょうがないですが。自分が行った獅子ヶ鼻はうまい具合に地味ですね。これから暖かい残雪期ですので、雪深いところでは午後になると、ぐちゃ雪の踏み抜き多発もありますので・・・お楽しみに(笑)お疲れ様でした。

みー猫 2018/03/12(Mon) 21:18 No.534 [返信]
Re: 上州武尊
みー猫さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
みー猫さんの記事を少しだけ参考にさせていただきました(^^)
それにしてもあれだけの爽快な眺めと雰囲気がお手軽に味わえるのはいいですね。人が多いのも気になりませんでした。
みー猫さんが歩かれた獅子ヶ鼻へと続く稜線は、あれだなぁと怖いもの見たさで眺めてました。近寄り難い雰囲気を醸し出していましたが、これからの時期は踏み抜きですか。やはり近づかない方が良さそうですね(^_^;)
HIDEJI 2018/03/12(Mon) 23:21 No.535
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -