おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
城山、葛城山

城山、葛城山というのがよくわからず調べましたが、沼津アルプスの南側にある山塊なのですね。せっかくのロケーションで富士山が霞んで見えたのでは残念でしたでしょう。地図を見ながら、空がクリアなら、発端丈山の方まで行きたくなるのではと思ったりしたのですが。
ウバメガシという木ですけど、おそらく、私も沼津アルプスで目にしているのではと思いますが、こちらの山では見ない木だけに、南国の山を歩いているようにも感じます。
城山というくらいですから、昔は城があったのでしょうか。
石仏や地蔵があるということは、葛城山も含めて古道が通っていた感じもしますが、これ、先までずっと続いているのでしょうかね。そうなら、機会があったら、歩いてみるのもいいかななんて思ったりしたのですが。

たそがれオヤジ 2017/05/30(Tue) 14:40 No.471 [返信]
Re: 城山、葛城山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
今回の山はかなりマイナーな山だとは思います。私もロープウェイのある葛城山は歩いて登る山だと思っておりませんでしたので(^_^;)
もっとも近隣の小学生は遠足で登るようで、地元では有名らしいのですが、県外者からすると観光地ですね。
富士山が朧げだったのは残念でしたが、次の機会があれば発端丈山から駿河湾越しの富士山を狙ってみます。
海岸に多いウバメガシは防潮林としても使われ、沼津アルプスにも多いようです。たまにだと南国気分が味わえますね。
この辺り、北条家と所縁が深いせいか城跡や史跡が多いようです。城山も以前は金山城というお城があったようです。何の予備知識もなく歩いていたのですが、堀切と思しき箇所がありました。発端丈山にも城があったようですし、風化が進んだ馬頭観音などを見ると、昔から人の行き来はあったのかもしれないですね。
大仁から三津の海岸へ抜ける縦走路は、富士山の絶景が望める伊豆ならではのルートと思います。ごく平凡な一般登山路ですが、下山後に港町の民宿で海の幸を摘んで一杯なんてハイカーも多いようですよ。縦走路する方は、それがメインで山歩きはついでといった感じかもしれないですが(笑)
HIDEJI 2017/05/30(Tue) 22:15 No.472
奥武蔵

秩父がそんなホットスポットになっているとは知りませんでした。私としては渋滞に巻き込まれそうで嫌だなあとか身勝手なことを考えてしまいます。
やっぱりGWの〆はロングに行きたくなりますよね(笑)。私も20km越えを歩いてぐったりしてました。メジャーであるがゆえに歩いてないところなので参考になりました。
奥武蔵のアカヤシオももう終わりですか。新緑の歩きもまた気分が良いなとは思っていますが。これからは奥多摩・奥秩父のナゲ達が手ぐすね引いて待っていますね(笑)。
ハイキング道と登山道の区別はいまいちつきませんが家族連れで地図も持っていないだろうし分かりにくいのはこまりますね。地図を持たないがゆえに武甲山から採石所を下った実例もありますし。まあこれは例外ですけど。
しかし芝桜を見るためとはいえ追加歩きが長いですね。私なら浦山口駅で電車に飛び乗ってそのまま帰ってますよ(笑)。

ふみふみぃ 2017/05/13(Sat) 09:49 Home No.468 [返信]
Re: 奥武蔵
ふみふみぃさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
秩父人気はともかく休日の渋滞はひどいですね。前回、西上州からの帰りは高速渋滞をさけるために、秩父に抜けて下道を帰りましたが長瀞渋滞に捉まって、逆に時間が掛かりました(^^;
今回はトレーニングの意味もあり、ロングを歩いてみましたが、一般登山道なため、同じ20km超えでもふみふみぃさんのそれとでは、全く疲労度は違うと思いますよ。私はバリエーションルートではそんな長い距離は歩けないと思いますので(笑)
これから新緑とともにナゲさんのシーズンも始まりますね。奥秩父のナゲ達も一味違うと思いますから、是非、ご堪能いただきたいと思います(笑)
山歩きも単独行が多いからか、無意識のうちに歩いているコースの難易度をレベル分けする癖があり、自分勝手な基準でハイキング道かどうかと判断しておりますが、結局はその人の取り方次第ですね。最後のハイキング道は余計だったかもしれません。神社や石仏やら見所は盛り沢山だったのですが、時間的なプレッシャーからそれどころではないといった感じで慌ただしい歩きになってしまいました。ロングコースを歩けたのは良かったのですが(笑)
HIDEJI 2017/05/13(Sat) 13:17 No.470
奥武蔵のメジャーな山々

HIDEJIさん、こんにちは。
ブドー沢ノ頭、滝谷山から打って変わって、今度はいかにも人が多そうな場所ですね。
名郷スタートで標準タイム10時間超えというから、どんなルート取りかと思って読み進めたのですが、浦山口に下山してからもう一度ハイキングコースに乗って羊山公園を目指したというわけですか。私がそのルートだと、羊山公園に着く前にヘッドランプの世話になっていたと思います。
それにしても、気のせいかもしれませんが、最近のHIDEJIさんレポには、語り手の「私」の心情をつよく滲ませた箇所が増えたように感じます。読み手としては大歓迎の傾向です。読みながら、思わず頷かされたり、ハッとさせられたりで、楽しんでおります。

連休中の西武秩父の混雑ぶりはすごかったですね。芝桜が終わっても、「祭の湯」効果はまだ続きそうですね。
連休中、久しぶりに川浦谷左岸破線路を歩いてきましたが、あんな辺鄙な場所でも、釣師やハイカーに次から次と会いました。皆さん上下作業服あるいは作業ズボンに綿の長袖Tシャツといったいでたちで、ひと癖もふた癖もありそうな感じでしたが、皆口をそろえて、今日は早めに下りて祭の湯に行くと言っていたのがおかしかったです。
ただ、左岸道は荒廃がいっそう進んでおり、あまりお勧めできない状態でした。

十津川村 2017/05/12(Fri) 15:06 No.467 [返信]
Re: 奥武蔵のメジャーな山々
十津川村さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
前回の山行と比べると確かにギャップが激しいです。私にとってはどちらのコースも違った魅力があって終わってみると何事もなく楽しい思い出となりました。
芝桜も一度くらいは行ってみようと、終始一般登山道ではありますが、半ば無理やりのコース設定で歩いてみました。山へは世間のしがらみから逃れたく(笑)、無心になるつもりが、雑念ばかりが頭をよぎり、その中でも山で感じることなどを綴ってみようと思いつつも表現力が乏しくて、恥ずかしい限りです。ただの自己満足の世界ですが、ありがとうございます。十津川村さんのように、文章だけでぐいぐい引き込まれ、あたかもその場で感じるような臨場感は、さすがはプロのなせる技だと楽しませていただいております。
秩父人気も、浦山や川浦方面にはなんら影響はないだろうと思っておりましたが、川浦谷左岸路で次から次へと祭の湯目当てのハイカーと会われていたとは、そんなところにも影響が及んでいたとは驚きです。上下作業着というものビックリですが(^^;)
川浦左岸道も気になってはおりますが、十津川村さんがおっしゃるくらいですら、荒廃具合も並大抵なことではないのでしょうね。
HIDEJI 2017/05/13(Sat) 12:45 No.469
諏訪山〜上武国境〜海谷山

面白いコース取りですね。
諏訪山南尾根と海谷山北西尾根は、ここを登って下ろうと良く思いつきましたね。感心します。
諏訪山からブドー沢の頭の尾根はネットで見かけたことがありますが、これとて歩く人は極々少数でしょう。
下調べも大変だったことでしょう。また不安感も。

enduro_fuji 2017/05/08(Mon) 22:13 No.464 [返信]
Re: 諏訪山〜上武国境〜海谷山
fujiさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
登りで使った南尾根は、結果的に想定していた通りの状況で、最初の取り付き部は緊張しましたが、1,200m辺りからは気持ちの良い快適な尾根でした。下りは先人の後追いですが、上武国境稜線を歩いている時には、私ごときが本当に下れるのか不安感に襲われておりました。
沢伝いで行き詰りましたら、日影ブドー沢の右岸尾根経由も考えておりましたが、実際にはそんな体力的な余裕もありませんでしたので、無事に下りられて良かったです。今回の山行は良い経験になりました。
HIDEJI 2017/05/08(Mon) 23:23 No.466
諏訪山

充実した一日で終わって良かったですね。
最初にGPS軌跡を見た時は、そんなところ歩けるのかと思い、さらに下りの沢通しとは恐れ入るなと思った次第ですが、崩壊ながらも葡萄沢沿いに林道が通っていたのですね。
なるほど、滝谷山に上野村の方から入る手があったのですね。つい埼玉の山といったイメージが強く、上野村側からのアクセスは調べもしたことがありませんでした。
しかし、全体を通じて、サクッと歩かれた感じですね。地図を見る限り、それぞれのところ、そんな短時間で歩けるものなのかなといった思いもあるのですが、HIDEJIさんのことですからね。
私、そのエリア、さっぱりですよ。諏訪山に行った程度のものです。JAL機の墜落の件があるからなのでしょうが、魅力のある山がひしめいているのは存じていますので、せいぜい三国山やら高天原山、大蛇倉山は歩いてみたいと思ってはいるのですが。

たそがれオヤジ 2017/05/08(Mon) 12:39 No.463 [返信]
Re: 諏訪山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
アカヤシオ目当てで諏訪山周辺を調べている中で、ついでに上武国境稜線に行けるのでは、と考えたのが今回の山行のきっかけとなりました。
なるべく距離を短く諏訪山に至るには、今回の南尾根しかないと思い込んでおりまして、取り付いてみてダメだったら、上武国境稜線は諦めて、別の山を予定しておりました。
下りの沢通しは事前にネットで過去ログを見ておりましたので踏み込めましたが、それがなかったら、得体のしれない沢を下ろうなんて、私レベルでは思いもよらなかったと思います。三笠山から眺めた滝谷山が思いのほか遠く感じ、時間的なプレッシャーを感じながらもなんとか無事に周回できてホッとしております。
このエリア、私にとってはいろいろな意味で緊張感を抱かせる山域ですが、今回をきっかけとして、高天原山、大蛇倉山も機会があれば行ってみたいと思います。
HIDEJI 2017/05/08(Mon) 23:20 No.465
鹿岳

やはり西上州の山はアカヤシオの聖地といったところですね。
私、4年前の4月27日にそこを歩きましたが、ほとんど終わりかけで、鹿岳の手前で盛りを数株見かけただけでした。それとて、もしかするとミツバツツジだったのかもしれません。咲き具合が例年よりも早いのかもしれませんね。
ハイトスさんは上野村あたりの山を歩かれたようですが、そちらのアカヤシオはこれからといった感じで、同じ西上州エリアとはいってもずいぶんと違うものですね。

たそがれオヤジ 2017/04/27(Thu) 13:31 No.461 [返信]
Re: 鹿岳
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
4年前の記事拝見しました。あのルート、今年は今頃がちょうど見頃かなぁと思いましたが、ハイトスさんの記事を拝見すると、同じ西上州でも様子が違うようですね。
しかしあのルートを午前中に下山されるとは、その先のルートを狙われたとはいえ、お早いペースですね。鹿岳からゴシュウ山へ続く稜線は地形図を見るに興味をそそられるルートですね。
それにしても四ツ又山の手前のお不動、不思議なことに全く気付きませんでした。
元々、存在自体も知らなかったのですが、尾根上にあれば、気付きそうなものですが(^_^;)
HIDEJI 2017/04/27(Thu) 20:37 No.462
四ツ又山、鹿岳

アカヤシオの聖地は登山道を捨てて群馬の地味尾根にいけば適当に辿りつきますよ(笑)。
四ツ又山先からの光景はまさに西上州と言った感じですね。いや、私は西上州の山登ったことないんですけど記事とかで見る雰囲気から(笑)。
週末は850m近辺くらいからが盛りだったようなのでちょうどいい時期に行かれたみたいですね。花づきもいいように見えますし。ミツバツツジとアカヤシオが近くで同時に咲いてるのはあんまり見ませんね。ミツバツツジが咲いてるとアカヤシオはしぼんでることが多くて。
気分は上々なんだなと思いますが600枚は撮りすぎでしょう(笑)。私も300枚とかとりますけど整理が大変そうです。
絶景とアカヤシオがセットなのは西上州の魅力に感じますが急俊なピークが多く標高が急に変わるように見え、見頃の標高帯を縦走と言うのは難しそうですね。

ふみふみぃ 2017/04/26(Wed) 20:51 Home No.459 [返信]
Re: 四ツ又山、鹿岳
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
アカヤシオを見るまでは気を揉みましたけど、結果オーライでした。おそらくこの1〜2週間が見頃かなといった印象を受けましたので、連休中は多くのハイカーで賑わうと思われます。西上州にはたまにしか行かず、群馬の山もさほど歩くことがありませんので、私も思い込みで西上州はいいな〜と勝手に言っているだけです(^^;
アカヤシオとミツバツツジの共演は確かに珍しいですね。アカヤシオは色合いも様々で十分に堪能できたと思います。
あと、600枚超えはさすがに多いですね。おっしゃる通り、整理に時間が掛かります。多い時でも500枚程度なのですが、ツツジを撮りすぎてしまいました。おっしゃるように西上州エリアで、一般登山道と言えでも見頃の標高帯を歩き続けるルートは少なそうですね。探せばあるのかもしれませんが。
とりあえず今シーズンも無事にアカヤシオの群生と触れ合え胸のつかえが取れましたので、次の機会では聖地を求めて登山道を捨て地味尾根に迷い込んでみたいと思います(笑)
HIDEJI 2017/04/26(Wed) 22:20 No.460
父不見山

父不見山、まずはご苦労さまでした。
この山、私は群馬の上野村から登ったことがあるだけで、埼玉側の登山ルートの状況をよくは知らないのですが、大方は直下から登るのが通常のようで、長久保川の両岸尾根というのですか、それにこだわりを持って登るというのは、ネット記事でもあまり見かけないようですね。地図をじっと眺めていても、なかなか思いつかないルートのような気がいたします。
累積標高差1900m超えとはすごいですね。アップダウンの連続で、後半はうんざりと嫌気が出てくるのも当然のことでしょう。
これが周囲に何もない一本調子の尾根なら、逃げ場もなくたまったものではないでしょうが、適当に林道がクロスしたり、ブル道が脇を通ったりということなら、安心感はありますが、散々上に登ってからそんなのを目にするのは嫌なものでしょうね。
お薦めは右岸尾根ですか。記事を拝見すると、何だか下りにしてもエンドレスといった感があって、まして566mピークの写真なんかを見てしまうと、お薦めされても、正直のところその気になれないといったところがありますけどね。
右岸尾根の使い方ですが、こういう場合、下るに連れて花が出て来て気持ちがなごむのと、登るに連れて色が消えていくのでは、気分的にどんな負荷がかかるのかなと、つまらないことを考えてしまいました。上まで色付きなら、違和感もなく歩けたでしょうし、もうちょい先伸ばしで登られていたら良かったかもなと思いもしました。でも、こういうのは結果論ですからね。

例の本、続編が出ましたか。本編が好評だったのでしょうね。早速、購入することにいたします。情報ありがとうございます。

たそがれオヤジ 2017/04/18(Tue) 12:07 No.456 [返信]
Re: 父不見山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
以前いただいたコメントがきっかけとなり、今回の山行となりました。父不見山は群馬県の山というイメージが強く、あまり埼玉側から登る人は少なそうですね。
両岸尾根とも距離が長く、後半はアップダウンに参りましたが(^_^;)。岩場から見下ろした566m峰が、嫌なものを見てしまったといった感じで、手前の峠でエスケープしようかと散々悩みましたが、妙な使命感に縛られて、それも出来ず。。
右岸尾根の方が荒れていたり、ちょっとした岩場があったりと、秩父とも奥武蔵とも違った雰囲気で、なかなか良い尾根でしたが、お勧めは。。やめておきます(笑)
道や林道に出るとホッとすることもありますが、山頂近くでは少し興ざめしますね。まぁ、埼玉の場合、そんなところばかりなのかもしれませんが、それを避けるなら、中津川や入川の両岸など秘境に近いエリアに行かないとダメですかね(^_^;)
ツツジがもう少し咲いていたりすると、下りも気分的に違っていたのかもしれませんが、個人的には右岸尾根は上りの方が良かったかなぁとも思います。
それと今回のきっかけとなりました城峯山を抜け縦走路、歩き切れるか分かりませんが、どんな形になるか分かりませんが歩いてみたいと思います^_^
例の続編、先月出版されたのをたまたま気づき、飛びついてしまいましたが、益々、秩父や奥秩父に足を運びたくなりました^_^
HIDEJI 2017/04/18(Tue) 21:52 No.458
長久保川の両岸尾根

埼玉の方は栃木より開花が早いようですがそれでも800m上は流石にまだこれからだったでしょうね。アカヤシオとナゲさんは岩場が大好きですから危なくて近づけないとこの方が賑やかで指を咥えて見るしかないこと結構ありますよね。お祭り会場をお探しでしたら栃木の地味尾根ならご案内しますよ(笑)。
私も花粉はスギがメインですがヒノキも少し反応している気がします。HIDEJIさんも微妙に反応してそうですね。
"植林帯だから何とかなるだろう"私もいつもそう思うんですが植林って結構あり得ない角度のとこ多いですよね(笑)。これ絶対プロが器具で安全確保しながら植えただろってよく思います。
地形図でも植林ゾーンが多くてアカヤシオポイントは限られていそうですがヒカゲツツジを見られたのが羨ましいですね。私は心の中でヒカナゲさんとお呼びしているのですがまだお目にかかれていないので。
麓の桜は良い感じで。この時期里の舗装路歩きも普段より苦になりませんね。

ふみふみぃ 2017/04/17(Mon) 23:08 Home No.455 [返信]
Re: 長久保川の両岸尾根
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
今回も見事に見頃を外しました(笑)。指を咥えて眺めたポイントは600m程でしたが、アカヤシオを間近に見れず残念でした。
しかしナゲさんは両岸尾根とも見た記憶がないのですよ。ナゲさんが出てきたら厄介だなぁと思いつつ歩いていたのですが(笑)
全方位、アカヤシオに囲まれた栃木の地味尾根、行ってみたいですね。盛大なお祭りが繰り広げられているようで羨ましいかぎりです^_^
花粉の件は、杉ほどではありませんが、ヒノキの中でもくしゃみが続きましたので、反応してるのかもしれませんね。
植林帯の件、えげつない斜度の植林帯も多いですよね。多少急でも上りであれば取り付いても、下りではほとんどの場合、急斜面での下降は怖過ぎてパスです(笑)
今回のエリアはおっしゃるように植林帯が多く、アカヤシオワンダーランドのような場所は埼玉には少ないように思えます。
下りでは倒木に道を塞がれ、休憩をしていたら、たまたまヒカゲツツジを見つけました。なかなかお目にかかれないので、テンション上がりましたが、北関東の方ではヒカナゲさんって少ないのでしょうか。
麓で桜の写真を撮りまくってましたら、地元の方に、釣りかね?って、聞かれて(笑)。
それで話し込んだりして、舗装路歩きも楽しかったです(笑)
HIDEJI 2017/04/18(Tue) 21:48 No.457
長久保川両岸尾根

HUDEJIさん、こんにちは。
わざわざ続篇を紹介して頂き有難うございます。
細かにメモを取りながらの山行も昨夏で終わり、今はゆるゆるふらふらと、気楽に歩いております。

長久保川の両岸を歩かれましたか。アカヤシオにはまだ少し早かったようですね。
左岸尾根は前に父不見山をからめて歩いたことがありますが、右岸尾根はまだ歩いたことがありません。左岸尾根より岩場が多いようですね。来週あたり、記事を山行に歩いてみようと思います。
小鹿野町の藪尾根は意外な穴場というか、けっこう楽しめますよね。

十津川村 2017/04/17(Mon) 13:44 No.453 [返信]
Re: 長久保川両岸尾根
十津川村さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
続編を拝読しました。正編に続き、魅惑的なルートの数々、何とも惹かれました。最も私ごときでは地形図を見ても、特定できないルートも多かったのですが、ナシ尾根での伝説の未確認生物の件は気になりました。私もいずれ機会があれば歩いてみたいです。
さて、山行の方は西上州に比較的に近い父不見山周辺であればと、アカヤシオの群生を期待しておりましたが、見事にタイミングを外しました。右岸尾根では、まだ芽の出ていないツツジを掻き分ける場面もありました。いつ見頃を迎えるのか分かりませんが、一斉に開花が始まると尾根も賑やかになり、ツツジの花に行く手を阻まれることになるかもしれませんね(笑)
小鹿野町の藪尾根はくせになりそうです^_^
HIDEJI 2017/04/17(Mon) 20:36 No.454
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -