おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
上州武尊山

3日は,風が無いと暑いくらいで,最高の雪山日和でしたネ。
自分も温泉ヶ岳南東尾根の2170mまで,メリノウールシャツと合羽ダケ歩いてましたけど。雪山って天気が良いと,結構,暑いんですよネ。雪の反射があるから。とはいえ,天気が急変する場合もあるから,衣類は余計に持って行くようですが。
手袋は,防寒テムレスを使っている方が何人かいましたか。結局,手袋は何を使っても蒸れますからネ。防寒テムレスは,ゴム手袋なのに蒸れが少なくて雪も掴めるし,コストパフォーマンスも良いから,気にいってますヨ。
其れにしても上州武尊,人気とはいえ良いですネ。この時季ならアイゼンだけで十分なんですネ。
山頂〜剣ヶ峰山間は,秋に歩いているケド,やはりこの時季に歩いてみたいですヨ。

瀑泉 2018/03/11(Sun) 22:55 No.532 [返信]
Re: 上州武尊山
瀑泉さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
3日は最高の日和でしたね。暑くて上着は要らないような陽気でしたが、天候が急変することに備え、ムダと思いつつも、つい多めに衣類を抱えてしまいます。どこまで備えれば十分なのか分からず迷いますが、経験が必要ですね。
テムレスの情報ありがとうございます。ネットで見ましたが、まさにこれです!
すでにお持ちでしたか。確かにリーズナブルですね。瀑泉さんのおススメであれば、試してみたくなりました(^^)
あのルートは瀑泉さんには物足りないのかなぁとも思いますが、行って正解でした。展望は最高ですね。それに人が多いのも初心者には安心でもありますし。
温泉ヶ岳のお歩きは憧れますがとても真似できません。四つん這いなんて想像もつかず、私には遭難レベルです。
というのも昨日は霧ヶ峰に行ったのですが、ツボ足の練習も三歩くらいで根を上げてるくらいですから(^_^;)
HIDEJI 2018/03/12(Mon) 20:24 No.533
雀川源流尾根

あけまして、おめでとうございます。
見覚えのある写真が多く、楽しく拝見しました。
HIDEJIさんの情報で、自分は堂山からほぼ逆コースで、最後は大峰山から田向地区に降り立ちました。大峰山からの下りは、はじめに明瞭な踏み跡を発見したのですが、途中からひどい竹藪ヤブに捕まりました。標高差が無いので短時間で鉱山のような所に出て、「ここは何処」状態になりました。バス停を見て、ここが何処なのかようやく判ったような状態でした。
自分も、藪入りは神社・お寺、それに墓地からが比較的多いですネ。皆さんおなじような印象をお持ちなようで、なぜか安心感が得られました。

ぶなじろう 2018/01/10(Wed) 22:28 No.529 [返信]
Re: 雀川源流尾根
ぶさじろうさん、明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。
今回は過去のぶなじろうさんの記事が記憶にあり、ずっと気掛かりになっていたルートでした。大峰山までは道型のようなものに出くわしては、途中消滅したり、倒竹だらけの竹藪に消えたりで、破線も認識できず立ち入る人も少なそうな雰囲気でした。それでも登りは気が楽ですが、下りは厄介そうですね。行風山から雷電山の区間は作業道が錯綜しておりましたが、ほぼ稜線伝いでのんびりと歩くにはちょうど良いルートでした。
ぶさじろうさんも藪入りは神社・お寺とお聞きし、私も間違っていないんだなぁと安心しました(笑)
あと、せせらぎバスセンターは便利ですね。バスも利用して、この辺りもう少し歩いてみたいと思います。
HIDEJI 2018/01/11(Thu) 20:02 No.531
雀川源流尾根

最初に大築山−六万部塚−雨乞山のリンクを見たのですが地形図のどこなのか同定に時間がかかりました。略図かつ方角が北を上に書かれてないと混乱しますね。
里山は神社から入れば大体行けるは鉄則ですね(笑)。猪柵が多くてうかつなとこから入れないのもありますが。
ときがわ町の町境が目に入り大峰山の東にある物見山と繋げて歩きたいなと地形図を見ていましたが鉄道で分断されているんですね。トンネルとかで下をくぐれればいいんですが。まあHIDEJIさんがガッカリされた大峰山にあえて行く必要があるかと言うのもありますけど(笑)。過去記事を見る限り物見山も名前に反して展望ないようですし。
展望があるのは登山道区間のようですが、堂山へのルートが地形図で破線でもないのは不思議ですね。

ふみふみぃ 2018/01/10(Wed) 20:37 No.528 [返信]
Re: 雀川源流尾根
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、略図は分かりづらいですよね。その分、考える余地があって現地で検証しながら歩くのも楽しみではありますね。
それと里山での神社取り付きは、里山歩きのあるあるですね(笑)。神社の裏には踏み跡が続いていたりしますから、大手を振って歩けます(笑)
物見山の長い稜線に目をつけられましたか。この辺りは今の時期が、歩くにはちょうど良いと思いますが、ふみふみぃさんには物足りないかもしれませんね。ただ、どんなルート取りをされるのかは気になります。
一般向けのハイキング道として、堂山へのルートは、道標も整備された、かなりお勧めのコースだと思うのですが不思議なんですよ。
HIDEJI 2018/01/11(Thu) 19:55 No.530
雀川源流尾根

本年もよろしくお願いいたします♪
新ハイキングのことが書かれていたので、興味を引きましたので・・・いわゆるハウツーでない素朴で普遍的な山の本が無くなったのは非常に残念です。現在、残りの期間もわずかですが、WEB会員の利点でPDFをダウンロードしております。さて場所がさっぱりわからないのですが、近隣の雰囲気は伝わりました。静かな里山で史跡を見たりして過ごす楽しみも捨てがたいものです。

みー猫 2018/01/09(Tue) 23:11 No.526 [返信]
Re: 雀川源流尾根
みー猫さん、コメントありがとうございます。
遅ればせながら、おめでとうございます。
新ハイキングが終わるとは知りませんでした。書店で目次を見て埼玉のマイナーなルートが紹介されているとつい購入していたのですが。今回歩いたときがわの地味尾根は新ハイキングだからこそ紹介されたのでしょうけど、そんな機会が無くなってしまうのは残念ですね。
のんびりと史跡にふれて歩けるのは里山の醍醐味でもあると思いますが、みー猫さんの歩かれる山深いルートは、いつも憧れの眼差しで拝見しております。今年も仮想体験させていただきますので、こちらこそよろしくお願いいたします。
HIDEJI 2018/01/10(Wed) 00:27 No.527
沼津アルプス

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。本年もまたHIDEJIさんのお歩きを楽しみに拝見させていただきます。
HIDEJIさんの歩き納めは沼津アルプスでしたか。懐かしく写真と文章を拝見いたしましたが、HIDEJIさんには、まぁ、ようやくといったところですね。通しもまた、かなりの歩きごたえがあったでしょう。なかなか、バカにできないコースですよ。
しかし、年の瀬とはいえ、陽気もポカポカで富士山も海もバッチリでしたか。最高の歩き納めになったのではないでしょうか。
奥沼津アルプスというのも有りですか。それは知りませんでしたね。ちょっと調べてみますが、富士山の展望はどんなものなのでしょう。暗い中を黙々と歩くといった展開になったのでは、せっかく沼津に行ってこれではということにもなりかねないし。

たそがれオヤジ 2018/01/07(Sun) 18:26 No.524 [返信]
Re: 沼津アルプス
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
やっと、沼津アルプスを通して歩くことができました。胸のつかえがおりるという程ではありませんが、以前からの課題も年を越す前に片づけることが出来、一応ほっとしております。しかし沼津アルプスはおっしゃる通り、バカには出来ませんね。富士山や海の展望は良かったのですが、あのアップダウンにはまいりました。
あと、奥沼津アルプスはおまけのようなもので大したことはないと思います。次に機会があれば、未踏の部分だけでもと考えております。沼津アルプスと通して歩くのはもうこりごりです(^^;)
本年もたそがれさんのお歩きを参考に、なじみのないエリアにも出向いてみようかなぁと考えており、楽しく拝見させていただきます。
HIDEJI 2018/01/07(Sun) 23:33 No.525
武蔵嵐山

正味2時間程度とはいっても、内容からして随分と長い時間歩かれたような感じがします。
HIDEJIさんには、今期最初にして最後の紅葉を満喫されたようで。
嵐山渓谷は里の紅葉の部類でしょうが、写真を拝見する限り、見事なスポットなのですね。来年でも記憶に残っていたら行ってみることにいたします。こんなのを一人占めでもしたらどんなに贅沢な気分になるのやら。騒音交じりの紅葉も、こんなにきれいなのでは仕方がないでしょう。無言で見ている人たちばかりならむしろ不気味だし。
正山は付録といった感じですが、年々ヤブ化が進んでいる典型のようですね。長いヤブ歩きは辟易としますが、これからの季節は、里のチョイヤブ山も面白くなりそうな気がしています。

たそがれオヤジ 2017/11/30(Thu) 08:38 No.522 [返信]
Re: 武蔵嵐山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
今年最後の紅葉は、イモリ山&東郷神社も考えたのですが、それでは2回続けて、たそがれさんの丸パクリになる恐れもあり、車で30分程度の嵐山渓谷にふらっと出かけた次第です。
今年は縁の無かった紅葉でしたので、つい興奮して写真撮りまくりとなりました。こんなのを一人占め出来れば、言うことなしですが、人の多さや賑やかさも山の中とちがってさほど気にならないものですね。
おっしゃるように、正山はおまけみたいなものですが、武蔵嵐山や大平山とは真逆の山で、あれはあれで楽しめました。そのためか時間の割には歩いた印象は残りました。あの近辺の里山も、これから本格的なシーズン突入で、プチ薮な里山歩きを楽しみたいと思います。
HIDEJI 2017/11/30(Thu) 21:21 No.523
嵐山渓谷と小倉城

今晩は。
嵐山渓谷付近は冬場にしか訪れた事がなく閑散寒々とした印象しかなかったのですが、ウワサ通り紅葉は良さそうですネ!
小倉城は近年比企城館跡群として国指定の史跡となったと思います。石積が特徴の城と記憶しております。緑泥片岩の薄い板状の石を積み上げた城壁が処々に見受けられました。武蔵国の青石塔婆と同じ石材だと思われます。
秋に再訪し、明るい嵐山渓谷を見たくなりました。

ぶなじろう 2017/11/29(Wed) 22:42 No.520 [返信]
Re: 嵐山渓谷と小倉城
ぶなじろうさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
人の多さには参りましたが、やはり紅葉はいいですね。派手な紅葉っぷりに興奮しました。
今年の紅葉は半ば諦め、ぶなじろうさんの記事を羨ましく拝見しておりましたが、とりあえずはホッとしました。
小倉城への分岐に国指定史跡とあり、「あれ、そうだっけ?」と思ったものですが、それだけ戦国期における山城として貴重な史跡なんですね。
緑泥片岩の石垣はこの辺りでも珍しいのでしょうか。少し西側に向かった物見山の北西辺りが緑泥片岩の採石地だったようですね。
HIDEJI 2017/11/29(Wed) 23:45 No.521
立岩

立岩、荒船山周回ご苦労様でした。
そして、私の依頼事項のご確認、ありがとうございました。
しかし、全体にもう葉が随分と落ちてしまい、見通しがよくなったものですね。あれでは、紅葉のピークから随分と日が経った気がします。それでも荒船山で100名とはねぇ。大半は紅葉目当てのハイカーで、がっかりして帰ったといったところではないでしょうか。
東立岩の様子がよくわかりました。踏み跡もしっかりしているようで危うげなトラバース有りで、山頂も高所恐怖症向きではないようですが、HIDEJIさんが得したとおっしゃるくらいですから、私も行けば良かったかなと思ってしまいました。
田口峠方面の探索ですが、こんなところで死体遺棄かと思うとぞっとしますわね。しかし、その御仁、山ノ神の調査ということなら、下調べの上で星尾峠方面やら南の古道に目を向けても良いような気がしますけどね。その古道なのですが、分岐までならたいした距離でもないようだし、いずれついでの時にでも寄って見てきますよ。
西立岩先の岩はジャンダルムというのですか。昭文社地図には出ていませんが、携帯版の方には確かに出ていますね。いつも有料でダウンロードはしているものの、実際に使ったことはありません。これからは活用することにします。
星尾峠から先、すんなりと下られましたね。まして、私の時に比べて落ち葉も多かったでしょうに。確かにあそこの区間はその次のテープ、ケルン、踏み跡を十分に追って行かないと、とんでもないことになりますから、要注意の通過区間かと思います。迷うことなく行かれたのはさすがですよ。
イモリ滝、威怒牟幾不動ともに水量があれでは残念としか言いようがありません。たまたま私の時が雨上がりでラッキーだったようです。それでも線ヶ滝の水量だけはさして変わりませんね。
ところで「井上うどん」、ネットで調べましたよ。夏でも鍋焼きうどんをやっているようですね。今度行ったら寄ってみますよ。鍋を見損なって鍋焼きうどんというのもシャレっぽくておもしろいですが。

たそがれオヤジ 2017/11/24(Fri) 10:32 No.518 [返信]
Re: 立岩
たそがれさん、こんばんは。
この度はたそがれさんからミッションをいただき、おかげさまで、かねてから行きたいと考えていた立岩へ足を運ぶことが出来ました。こちらこそ、きっかけを頂きありがとうございました。
2週間ばかり早ければ、星尾峠からの下りは紅葉まつりを楽しめたかなぁと、少しばかり残念ではありますが、久しぶりに静かな山歩きを満喫できました。
経塚山と艫岩間は、紅葉を期待していたのか分かりませんがグループハイカーばかりでしたね。テーブルマウンテン上は道も広いし、ペースを変えることなく歩けるから、さして気にもなりませんでしたが、星尾峠方面に向かうハイカーは皆無で見向きもされていないようでした(笑)
東立岩はあっけなくて、往復しても大した負荷にはならないと思います。実はその先に細長い岩峰があるのを西立岩へ向かう途中に気づいて、そちらが東立岩かなぁと思ったのですが、それは勘違いのようでした。
田口峠でお会いした方は、登山者ではなく、線ヶ滝から登られたとの事で、途中で優しい表情をした観音様の石仏がありましたよ。とおっしゃてました。その時はイヌムキ不動滝を見るのを楽しみにしており、さして気にしてなかったのですが、水量があれでは結果的には南の古道を進めばよかったかもしれません。左岸コースでの上りのしんどいトラバースは避けられたかもしれませんし。
ジャンダルムと呼ばれる岩峰、通り過ぎてから気付きましたが山と高原地図アプリ版でも、結局山中では面倒であまり開くことはないですね。
星尾峠からの下りは見通しが効いて、終始テープが目に付きましたが、鍋には気付きませんでした。その代わりの鍋焼きうどんでもないのですが、次はうどん繋がりで、浅見茶屋の鍋焼きうどんでも食べに、イモリ山へ行くのもありかもです(笑)
HIDEJI 2017/11/24(Fri) 23:11 No.519
鍋焼きうどん

私も約二年前に行きましたが友人の付き合い、寝不足というところが一緒ですね(笑)。私の場合は電車とバスで行きましたが。それと水は担ぎませんでした(笑)。
紅葉は赤いのが少ないですね。この辺りの特徴なんでしょうか。鍋焼きうどんも早く行けば並ばずに食べられるんですね。私は昼時についたせいで50分並びましたよ。おかげで友人を丸めこんで塔ノ岳に行くこともできず小丸尾根で下りました。ただバカ尾根とやらは木の階段続きで飽きそうですね。足尾の馬鹿尾根の方が良いですよ。
"700m程度まで下りるとカエデの紅葉は始まっていない"やっぱり栃木と奥多摩・丹沢方面は寒さが違うようですね。この日は栃木では600mでも色づきが見えましたから。
山だけでなく温泉も大渋滞、やはり人気の山域は違いますね。友人に誘われたらまた行くかもしれませんが一人なら絶対行かない山域です。
ただ後輩のN田君が登山道歩き好きの上司に連れられて先週鍋焼きうどんを食べに行っていました。一週間ずれてHIDEHIさんと出会っていたら面白かったのですが人の多いところだからすれ違っても印象も何もないでしょうね。

ふみふみぃ 2017/11/15(Wed) 20:54 No.516 [返信]
Re: 鍋焼きうどん
ふみふみぃさん、こんばんは。
すでに鍋焼きうどん、体験済みでしたか。しかし50分並ぶのはつらいですね(^^;)
あの日はバスが到着する前に歩き始め、直接、鍋割山へ向かったのが正解だったようです。4リットルの水で音を上げているようでは、ふみふみぃさんから甘いとか言われてしまいますね。紅葉も多少期待したのですが赤いのは少なかったですね。ただ、3年前に丹沢に訪れた際には、赤や黄などバラエティに富んで鮮やかだったのですが、今年は台風や気候などが影響しているのでしょうか。丹沢はよく分かりませんが、秩父あたりは麓まで色付いているようです。気になってしょうがないのですが今年は諦めてました。
バカ尾根はおっしゃるとおり、長過ぎるのと木段続きで足に優しくないですね。それと足尾の馬鹿尾根を調べてみましたが、そそられますね。季節を選んで行ってみたくなりました。
N田さんも鍋割山へ行かれたとのこと、1週間ずれていたら、ニアミスとなったかもしれませんが絶対に分からないと思います(^^;)。一方でふみふみぃさんの特徴は写真を拝見して何となく理解しており、足尾の山ではすれ違えば間違いなく分かると思いますが、丹沢ではやはりすれ違っても分からないでしょうね。ちなみに私は緑色の軍手をしてますので、お気づきの際にはお声がけください(笑)
HIDEJI 2017/11/17(Fri) 01:12 No.517
大平山

こんばんは。タイトルを見た習慣に、どこの大平山かなと思ってしまいました。
全国、どこにでも大平山、太平山はありますからね。
黒山三滝が出たところで、昭文社マップの奥武蔵を広げ、大平山を確認しましたが、確かに、ここにも大平山ありなんですね。
役行者像ですか。苔むして、なかなかの年代物ですねぇ。下の写真の不動明王像に至っては、つい、タワシできれいにコケ洗いをしたくなってしまいますよ。このお不動さんも、一帯にあるのですか? ちょっと興味がわきましたよ。こすることはさておき、写真に収めたいなぁと思っちゃって。
ところで、話はまったく次元違いですけど、役小角、役行者と表現は違いますが、これって、各地によって表記が違うだけのことなのでしょうかね。ふと、気になり出しましたよ。
まさか、出張中は役行者で、地元では役小角というわけではないでしょうね。
これも余計ですが、確かに運動不足の解消にはならなかったかもですね。

たそがれオヤジ 2017/10/16(Mon) 21:50 No.514 [返信]
Re: 大平山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
越生の大平山は、あまり知られていないと思いますので、穴場的な山かもしれません。石仏などに興味のないハイカーにとっては、ここは単なる通過点でしかありませんので(笑)
不動様は近辺ではここだけかもしれません。この辺りは昔から里山として、お地蔵様や馬頭観音などはよく見かけますが、そんなものを眺めるのも嫌いではなく、たまに歩きたくなるエリアです。この日の歩きは、おっしゃる通り、運動不足の解消にはならないかもですが、家でじっとしているよりは、よっぽどましですね。
役行者は修験道が盛んだったような山などでたまに見かけます。表現としては役行者か役小角のどちらか一方で呼ばれているようですが、違いはよく分かりません。ここの大平山では役行者でしたが、先日、女峰山の時に寄った行者堂では役小角となっていましたし。
埼玉では役行者が多いように感じますが、出張中なのかもしれませんね(笑)
でも確かに名前の使い分けは気になりますね。
HIDEJI 2017/10/17(Tue) 00:17 No.515
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -