おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
燕山

HIDEJIさん,こんばんは。
早速,記事,拝見させていただきました。
しかし雪が多く無かったとはいえ,この時季2千m級の山を,ほぼ標準タイムで歩かれるとは大したモノですネ。
おそらく自分の足では,雁峠辺りまでが精々だったでしょう。
で,アイゼンもワカンも使いこなせなかったと仰ってましたが,自分なんて,初めての12本爪アイゼンはスパッツを切りましたし,ワカンはモノの見事に前方にすっ転びましたし,初めてでここまで使えれば十分でしょう。
ただ,一点確認させていただきますが登山靴の靴底が柔らかく無いですか?12本爪アイゼンなど本格的モノは,靴底が硬く無いと力が均等にかからず外れてしまうようです。
ちなみにワカンは,この限りにあらずで,長靴でも履けますから,何で緩んだのかは分かりかねますケドね。

瀑泉 2017/02/27(Mon) 22:38 No.431 [返信]
Re: 燕山
瀑泉さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
いやいや、終始、ヨタヨタ歩きでしたので、今回のルートは標準タイムが甘めなのかもしれませんね。
この度は、歩き方のセンスが悪くて、雪山には向かないのかなぁと思っておりましたが、瀑泉さんのお話を伺い、少し安心いたしました(^^)
登山靴の靴底はおっしゃる通り柔らかい方です。アイゼンがおかしくなったのも、なるほど合点がいきました。登山靴はもう一足あり、そちらの方が固めですので、次回は靴を変えて試してみたいと思います。
実はアイゼンの購入時、瀑泉さんのような雪山登山靴とセミワンタッチアイゼンを買ってしまおうかと悩んだのですが、予算オーバーのため、泣く泣くアイゼンだけにしました(^^;
しかし、来シーズンあたりは靴とアイゼンをセットで買ってしまいそうです。
そしてワカンの方は、ネットで調べましたところ、単に紐をリングに通す順序を間違えていただけでした。お恥ずかしい話です。。(汗)
HIDEJI 2017/02/28(Tue) 00:17 No.432
入笠山

私もウィンタースポーツから10年ほど離れていましたが最近はスキー人気も一時期よりは復活してきたらしいですよ。
雪山歩きもたまにはいいですよね。展望がいいと山々が白くて見栄えもしますし。
山頂からの展望も良く満喫されたようですがHIDEJIさんには距離が短くてちょっと物足りなかったんじゃないかなと思いました(笑)。踏み固められた雪ではなく新雪にも一度突っ込んでみると楽しいですよ。もがいてると嫌になりますけど(笑)。
次の候補は赤城山ですか。去年行ったのですが冬に歩いてないコースが色々あるので私もまた行こうかなと思ってます。

ふみふみぃ 2017/02/20(Mon) 22:32 Home No.429 [返信]
Re: 入笠山
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
スキーを始めた高校生の頃は、板の長さは身長プラス15cmとかで190cm以上の板を使っておりましたが、それに比べると短いカービングスキーは曲がりやすく、一旦スキーを離れた世代にも取っ付き易く、そんなところもスキー人口が増えている理由かもしれないですね。私もまたやりたくなりましたよ(笑)
それに、おっしゃるように雪山は青空に映えて見栄えしますね。
今回はあの程度の歩きで満足でした。次は赤城山あたりに行きたいのですが、雪山は夏山と比べ遭難するリスクは格段に高そうですから、あまり無茶なことはせず、エスカレートしないように注意したいです(^^;
HIDEJI 2017/02/21(Tue) 00:53 No.430
スノートレッキング

スノートレッキングの体験、楽しかったようですね。
HIDEJIさんがこれまでやられていなかったことが意外な気もいたしますけど。
写真を拝見すると、ガシガシに固まった道路のようなところもあるようですが、それだと、スノーシューの面白みも半減するような気がします。今度はノートレースのところをずっと歩いてみてくださいよ。ただ、下が締まっていないと、やたらとラッセルするようになるかもしれませんが。ワカンよりは沈まないでしょう。
それにしても入笠山って展望の良いところですね。行ったことはありませんが、機会があったら行ってみたくなりました。この時期だと、スキーヤーと混在で、スノートレッキング派はどうしても少数派になりますね。ちょっとためらいも出てきそうな山ではありますが。
奥秩父の山々の雪が少ないようですが、そんなものなのかなと気になりました。

たそがれオヤジ 2017/02/16(Thu) 06:08 No.427 [返信]
Re: スノートレッキング
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
スノートレッキングは思いの外楽しくて、年甲斐もなくはしゃいでしまいました(笑)
おっしゃるようにガシガシに固まった道路の歩きもありましたが、終始、踏み固められたようなルートで、正直なところ、アイゼンすら不要だったのかもしれません。
そういう意味ではスノーシューもほんの一部しか理解しておらず、次はラッセルも含めていろいろと体験してみたいです。
標高の割に入笠山の展望はなかなかのものでしたが、人の多さや初心者向けのルート事情から言って、たそがれさんが満足されるような要素は少ないかなと思われます。
確かに奥秩父の山々は少ないように見えましたが、実際のところはどうなんでしょうか。
さて、次は赤城山あたりを予定しておりますが、たそがれさんの過去のレポなどを参考に予習させていただきます。
HIDEJI 2017/02/16(Thu) 23:17 No.428
無題

今晩は。
虎秀は知っていても虎秀山は知りませんでした。ユガテは知っていても湯ヶ手山は知りませんでした。橋本山はまるっきり知りませんでした。本記事を読んで、何も知らない事にあらためて気付かされましたです。
ユガテに蝋梅はお似合いですネ。自分はユガテで初めて蝋梅というものを蝋梅として見たような気がしています。

ぶなじろう 2017/02/13(Mon) 22:46 No.425 [返信]
Re: 無題
ぶなじろうさん、こんばんは。
今回のマイナーな山々、名前の由来は定かではないのですが、わざわざそれ自体を目的にするほどではなかったようです(^_^;)
マンネリ化したこの辺りを歩く動機付けにはなりましたが。
ユガテの蝋梅はいいですねぇ。
宝登山ほど広範ではありませんが、密集度は高く、まるで蝋細工のようなロウバイがユガテの地に彩りを添えてました。これから桜の時期も良さそうですね。
HIDEJI 2017/02/14(Tue) 20:55 No.426
奥武蔵の低山

なんでHIDEJIさんがこのコースで7時間掛ったのかな?と疑問に思っていたら修正されて安心しました。
ブランク明けにのんびり低山は良いですよね。しかし地味そうなとこに割と人が居るんですね。地形図だと破線もないのにユガテまでしっかりと整備されているようで。登山道横のマイナーピークだと逆に面倒で私は最近寄らなくても良いかなって手抜きな感じです(笑)。
私も長沢背稜のナゲさんに用があるのですがアイゼンいるだろうしこの時期日帰りでいくのは無謀だよなあと春を待っています。
私は登山中に鳥の写真を取ることは稀ですね。いつも撮ろうとしても藪が邪魔でうまく撮れないし(笑)。ナゲさんはあまり動かないから楽なんですが。

ふみふみぃ 2017/02/07(Tue) 20:39 Home No.423 [返信]
Re: 奥武蔵の低山
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

行動記録の件、このルートで7時間は掛からないですね。大変失礼しました。ブランク明けにしては、少々物足りなさも感じましたが、おっしゃる通り、のんびりと歩けましたので良かったのかもしれません。
実は東吾野駅からエビガ坂までは、山と高原地図では、実線のハイキングルートなんですよ。ほぼ駅に直結してますので、復路として歩く人は多いと思われます。
登山道横のマイナーピークは、確かに普通はパスしますよね(^_^;)
今回もスルーすれば良かったと、少し後悔しております(笑)
以前、歩いた際、橋本山というこのルートで一番山らしいピークを巻いてしまったことがありまして、その後、たそがれさんが歩かれたのを拝見して、いつかはと思っていた課題が一つクリアしました。
長沢背稜のナゲさんですか。それは是非歩いていただきたいですねぇ(^^)

私も普段鳥の写真など撮らないのですが、最近、山中で鹿など野生動物を見かけなくなりましたので、その代わりですかね(笑)
HIDEJI 2017/02/07(Tue) 23:11 No.424
館川右岸尾根

私も三日でしたが三日が歩きはじめの方が多いですね。
明確な踏み跡に引きこまれ誘導される・・低山だと良くありますね。どうせアップダウンが続くんだろうし→でもこれ下り過ぎじゃないか?→コンパス見てアウト。下る前にコンパス確認しろよといつも自分で思うのですが。
バイクの轍が残る一本道、こんなとこで猪でもなくバイクにひかれたらと思うととんでもないですね。手入れされた植林に見えて明るく雰囲気は良さそうですが。
この時期は下山開始が2時になると焦りますよね。山の中はやたら暗くなるのが早くて。夏だとあまり深く考えないのですがこの時期は山の南側を歩いた方が暖かいし薄暗くなりにくいから良いのかなあとか考えてます。

ふみふみぃ 2017/01/08(Sun) 21:59 Home No.421 [返信]
Re: 館川右岸尾根
ふみふみぃさん、こんばんは。
年末年始の休みボケで鈍った体にムチを打って行ってきました(笑)
この日のような尾根は、予め地形図を眺めては、間違いそうな箇所は見当を付けて歩いてはいるのですが、それ以外は思い込みで踏み跡を追ってしまいます。
この度のミスは、まさに→でもこれ下り過ぎじゃないか?→コンパス見てアウト。でした(^^;)
山の中でバイクには轢かれたくないですね〜。ただ、麓では畑をイノシシに荒らされると聞きましたが、イノシシの方が危険ですかね。
この時期の下山開始は、確かに2時過ぎるとプレッシャーが増しますね。東面ではなく、西面に下ればまた時間的な感覚が違ってくるのでしょうが。もっと早くから歩けば良いのですが、寒さが苦手で起きだすのが億劫で…(^_^;)
HIDEJI 2017/01/08(Sun) 23:26 No.422
館川右岸尾根

あけましておめでとうございます。
あのお墓を見つけた時はビックリしたものですが、毛髪が納められているとの伝承があるようです。
金岳から七重峠にかけては、ず〜と日陰で、なんだかすごく遅い時間のようなきがしてしまい、アセリを感じてしまいますね。昨年自分は反対方向に都幾山に行こうと予定していて、薄暗さに不安を感じ館川に降りてしまいました。
私もこの周辺、もう少し歩いてみようと思っています。

ぶなじろう 2017/01/08(Sun) 09:41 No.419 [返信]
Re: 館川右岸尾根
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
今回の山行は、ほとんどぶなじろうさんのパクリになってしまいました(^^;)
そのため、お墓も事前知識として存じてましたので、やっと辿り着いたという感じでした。畠山氏の伝説はそこら中の山にありますが、毛髪が納められているというのはリアルな話ですね。
おっしゃる通り、この時期、昼過ぎの金岳から先は薄暗くて、プレッシャーがありますね。ただ栗山・赤木集落に下って里山風情も味わうのもありかなと。554m峰から下るか、笠山から下るのか、いずれもぶなじろうさんの記事で様子が分かっておりましたので、左岸尾根は早々に諦めてしまいました。
次はタカハタを終わらせたいと思います。
HIDEJI 2017/01/08(Sun) 15:51 No.420
舘川右岸尾根

本年もよろしくお願いいたします。
途中途中の写真も良いですが、今回の最初の道迷いのあたりの密林風の写真に見入ってしまいました(笑)・・・HIDEJIさんの記事は詳細がわかるのでたいへん助かります。土地勘に疎いですが、今年は頑張って5本くらいはそちら方面へ出かけるようにしたいと思っております。

みー猫 2017/01/06(Fri) 23:14 No.416 [返信]
Re: 舘川右岸尾根
みー猫さん、こんばんは。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
密林風の写真良かったですか?(笑) 同じような植林の写真ばかりで、絵的につまらないかなぁと思っておりましたが、お褒め?いただきありがとうございました(^^)
みー猫さんがこちら方面で、どのルートを歩かれるのが、非常に気になります。是非、いらしてください。お待ちしております。
HIDEJI 2017/01/07(Sat) 02:01 No.418
館川右岸尾根

早速、行かれましたか。HIDEJIさんのことだから、早々にとは思っておりましたが。
正月早々の歩き始めとしては、随分と慌てましたね。時間との闘いですか。笠山に着いてまで悩むお気持ち、伝わってきましたよ。
パトリア小川は正月休みでしたか。私も、その右岸尾根、初歩きにしようかなとか思ってもいたのですが、行かなくて正解でした。和紙の里に車を置いて、バス利用なんて考えたら、どうも面倒で、おそらく、山を変えたか帰ったかですね。
歩き出しが遅れたとはいえ、ぶなじろうさんタイムと比べるとえらく速いお歩きですね。そのまま左岸尾根を下ったとして、順調にいっても歩程8時間だとして、自分の足で少なくとも10時間、いや、その辺の地理に詳しくない自分には迷いタイムを+1時間加味すれば、やはり、この時期は避けるべきだろうなと思いました。ということは、自分にはやはり日が延びてからの課題になるでしょう。
しかし累積標高差1,450mですか。結構あるものですね。
記事を拝見して、余計に歩きたくなりました。

たそがれオヤジ 2017/01/06(Fri) 17:51 No.415 [返信]
Re: 館川右岸尾根
たそがれさん、こんばんは。
今回の予定ルートは、9時半過ぎから呑気に歩くようなルートではなかったでした。取り付き手前の槻川に架かる橋を渡った時点で、これはまずいなといった気分になりましたが、笠山山頂も含めて、途中には破線路が多く、迷ったとしても、とにかく下れば、人里に出られるだろうという漠然とした安心感はありました。それと麓の集落に出て里山風情を味わうのも楽しみではありましたので、かえって良かったかもしれません。
左岸尾根は、次の楽しみにしたいと思います。
私も和紙の里に移動してから悩みました。ぶなじろうさんが前日に歩かれたルートが目の前に見えましたので、そのまま後追いしようかとも考えました(^^;)
今回は1時間ほど歩いた時点で、17時は過ぎそうだと予想しましたが、エスケープルート利用で、16時戻りでしたので、左岸尾根に行かなくて正解だったと思います。
やはり距離が長い分、累計標高差はそれなりになりますね。左岸尾根に進んだら、もう少し増えたでしょうか。
また、この辺りは狩猟区域だと思われますが、そうだとすると冬場は控えた方が良いのかもしれないですね。
この右岸尾根、畠山重忠公のお墓以外に石仏や祠などは見かけませんでしたが、変化に富んでなかなか面白みのある尾根で、期待以上に楽しめました。
HIDEJI 2017/01/07(Sat) 01:46 No.417
岩殿観音

こんばんは。12/4に岩殿観音に行ってきました。
当日は、大イチョウの黄色味が増してはおりましたが、すでに落葉気味でした。カエデもクスンだ感じで、最盛期はすでに過ぎていたようです。カエデの色は、HIDEJIさんが訪れた日の方がはるかに良かったようにお見受けいたしました。1週間で様変わりですから、タイミングを見計らうのは難しいですねぇ。
青蓮寺の小代氏青石塔婆も見てきました。青蓮寺は九十九川、越辺川を見渡す高台にある事が現地で判りました。まさに、中世的風景で感動いたしました。

ぶなじろう 2016/12/05(Mon) 21:40 No.413 [返信]
Re: 岩殿観音
ぶなじろうさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
私が訪れた時は、大イチョウの葉もまだ緑混じりで、岩殿観音のカエデはまだまだの印象が強く、ぶなじろうさんの記事が羨ましく映りました。おっしゃるように、タイミングを計るのは運ですね。あとは本人が満足できるかどうかですかね。
青蓮寺からの見晴らしは、4月に行った時には菜の花畑が広がり、気持ちの良い風景が広がっておりました。それと少し北側には高坂城なる城跡がありますね。武蔵七党との繋がりが気になりますが、歴史は古いようですね。
HIDEJI 2016/12/06(Tue) 21:27 No.414
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -