おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
四ツ又山、鹿岳

アカヤシオの聖地は登山道を捨てて群馬の地味尾根にいけば適当に辿りつきますよ(笑)。
四ツ又山先からの光景はまさに西上州と言った感じですね。いや、私は西上州の山登ったことないんですけど記事とかで見る雰囲気から(笑)。
週末は850m近辺くらいからが盛りだったようなのでちょうどいい時期に行かれたみたいですね。花づきもいいように見えますし。ミツバツツジとアカヤシオが近くで同時に咲いてるのはあんまり見ませんね。ミツバツツジが咲いてるとアカヤシオはしぼんでることが多くて。
気分は上々なんだなと思いますが600枚は撮りすぎでしょう(笑)。私も300枚とかとりますけど整理が大変そうです。
絶景とアカヤシオがセットなのは西上州の魅力に感じますが急俊なピークが多く標高が急に変わるように見え、見頃の標高帯を縦走と言うのは難しそうですね。

ふみふみぃ 2017/04/26(Wed) 20:51 Home No.459 [返信]
Re: 四ツ又山、鹿岳
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
アカヤシオを見るまでは気を揉みましたけど、結果オーライでした。おそらくこの1〜2週間が見頃かなといった印象を受けましたので、連休中は多くのハイカーで賑わうと思われます。西上州にはたまにしか行かず、群馬の山もさほど歩くことがありませんので、私も思い込みで西上州はいいな〜と勝手に言っているだけです(^^;
アカヤシオとミツバツツジの共演は確かに珍しいですね。アカヤシオは色合いも様々で十分に堪能できたと思います。
あと、600枚超えはさすがに多いですね。おっしゃる通り、整理に時間が掛かります。多い時でも500枚程度なのですが、ツツジを撮りすぎてしまいました。おっしゃるように西上州エリアで、一般登山道と言えでも見頃の標高帯を歩き続けるルートは少なそうですね。探せばあるのかもしれませんが。
とりあえず今シーズンも無事にアカヤシオの群生と触れ合え胸のつかえが取れましたので、次の機会では聖地を求めて登山道を捨て地味尾根に迷い込んでみたいと思います(笑)
HIDEJI 2017/04/26(Wed) 22:20 No.460
父不見山

父不見山、まずはご苦労さまでした。
この山、私は群馬の上野村から登ったことがあるだけで、埼玉側の登山ルートの状況をよくは知らないのですが、大方は直下から登るのが通常のようで、長久保川の両岸尾根というのですか、それにこだわりを持って登るというのは、ネット記事でもあまり見かけないようですね。地図をじっと眺めていても、なかなか思いつかないルートのような気がいたします。
累積標高差1900m超えとはすごいですね。アップダウンの連続で、後半はうんざりと嫌気が出てくるのも当然のことでしょう。
これが周囲に何もない一本調子の尾根なら、逃げ場もなくたまったものではないでしょうが、適当に林道がクロスしたり、ブル道が脇を通ったりということなら、安心感はありますが、散々上に登ってからそんなのを目にするのは嫌なものでしょうね。
お薦めは右岸尾根ですか。記事を拝見すると、何だか下りにしてもエンドレスといった感があって、まして566mピークの写真なんかを見てしまうと、お薦めされても、正直のところその気になれないといったところがありますけどね。
右岸尾根の使い方ですが、こういう場合、下るに連れて花が出て来て気持ちがなごむのと、登るに連れて色が消えていくのでは、気分的にどんな負荷がかかるのかなと、つまらないことを考えてしまいました。上まで色付きなら、違和感もなく歩けたでしょうし、もうちょい先伸ばしで登られていたら良かったかもなと思いもしました。でも、こういうのは結果論ですからね。

例の本、続編が出ましたか。本編が好評だったのでしょうね。早速、購入することにいたします。情報ありがとうございます。

たそがれオヤジ 2017/04/18(Tue) 12:07 No.456 [返信]
Re: 父不見山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
以前いただいたコメントがきっかけとなり、今回の山行となりました。父不見山は群馬県の山というイメージが強く、あまり埼玉側から登る人は少なそうですね。
両岸尾根とも距離が長く、後半はアップダウンに参りましたが(^_^;)。岩場から見下ろした566m峰が、嫌なものを見てしまったといった感じで、手前の峠でエスケープしようかと散々悩みましたが、妙な使命感に縛られて、それも出来ず。。
右岸尾根の方が荒れていたり、ちょっとした岩場があったりと、秩父とも奥武蔵とも違った雰囲気で、なかなか良い尾根でしたが、お勧めは。。やめておきます(笑)
道や林道に出るとホッとすることもありますが、山頂近くでは少し興ざめしますね。まぁ、埼玉の場合、そんなところばかりなのかもしれませんが、それを避けるなら、中津川や入川の両岸など秘境に近いエリアに行かないとダメですかね(^_^;)
ツツジがもう少し咲いていたりすると、下りも気分的に違っていたのかもしれませんが、個人的には右岸尾根は上りの方が良かったかなぁとも思います。
それと今回のきっかけとなりました城峯山を抜け縦走路、歩き切れるか分かりませんが、どんな形になるか分かりませんが歩いてみたいと思います^_^
例の続編、先月出版されたのをたまたま気づき、飛びついてしまいましたが、益々、秩父や奥秩父に足を運びたくなりました^_^
HIDEJI 2017/04/18(Tue) 21:52 No.458
長久保川の両岸尾根

埼玉の方は栃木より開花が早いようですがそれでも800m上は流石にまだこれからだったでしょうね。アカヤシオとナゲさんは岩場が大好きですから危なくて近づけないとこの方が賑やかで指を咥えて見るしかないこと結構ありますよね。お祭り会場をお探しでしたら栃木の地味尾根ならご案内しますよ(笑)。
私も花粉はスギがメインですがヒノキも少し反応している気がします。HIDEJIさんも微妙に反応してそうですね。
"植林帯だから何とかなるだろう"私もいつもそう思うんですが植林って結構あり得ない角度のとこ多いですよね(笑)。これ絶対プロが器具で安全確保しながら植えただろってよく思います。
地形図でも植林ゾーンが多くてアカヤシオポイントは限られていそうですがヒカゲツツジを見られたのが羨ましいですね。私は心の中でヒカナゲさんとお呼びしているのですがまだお目にかかれていないので。
麓の桜は良い感じで。この時期里の舗装路歩きも普段より苦になりませんね。

ふみふみぃ 2017/04/17(Mon) 23:08 Home No.455 [返信]
Re: 長久保川の両岸尾根
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
今回も見事に見頃を外しました(笑)。指を咥えて眺めたポイントは600m程でしたが、アカヤシオを間近に見れず残念でした。
しかしナゲさんは両岸尾根とも見た記憶がないのですよ。ナゲさんが出てきたら厄介だなぁと思いつつ歩いていたのですが(笑)
全方位、アカヤシオに囲まれた栃木の地味尾根、行ってみたいですね。盛大なお祭りが繰り広げられているようで羨ましいかぎりです^_^
花粉の件は、杉ほどではありませんが、ヒノキの中でもくしゃみが続きましたので、反応してるのかもしれませんね。
植林帯の件、えげつない斜度の植林帯も多いですよね。多少急でも上りであれば取り付いても、下りではほとんどの場合、急斜面での下降は怖過ぎてパスです(笑)
今回のエリアはおっしゃるように植林帯が多く、アカヤシオワンダーランドのような場所は埼玉には少ないように思えます。
下りでは倒木に道を塞がれ、休憩をしていたら、たまたまヒカゲツツジを見つけました。なかなかお目にかかれないので、テンション上がりましたが、北関東の方ではヒカナゲさんって少ないのでしょうか。
麓で桜の写真を撮りまくってましたら、地元の方に、釣りかね?って、聞かれて(笑)。
それで話し込んだりして、舗装路歩きも楽しかったです(笑)
HIDEJI 2017/04/18(Tue) 21:48 No.457
長久保川両岸尾根

HUDEJIさん、こんにちは。
わざわざ続篇を紹介して頂き有難うございます。
細かにメモを取りながらの山行も昨夏で終わり、今はゆるゆるふらふらと、気楽に歩いております。

長久保川の両岸を歩かれましたか。アカヤシオにはまだ少し早かったようですね。
左岸尾根は前に父不見山をからめて歩いたことがありますが、右岸尾根はまだ歩いたことがありません。左岸尾根より岩場が多いようですね。来週あたり、記事を山行に歩いてみようと思います。
小鹿野町の藪尾根は意外な穴場というか、けっこう楽しめますよね。

十津川村 2017/04/17(Mon) 13:44 No.453 [返信]
Re: 長久保川両岸尾根
十津川村さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
続編を拝読しました。正編に続き、魅惑的なルートの数々、何とも惹かれました。最も私ごときでは地形図を見ても、特定できないルートも多かったのですが、ナシ尾根での伝説の未確認生物の件は気になりました。私もいずれ機会があれば歩いてみたいです。
さて、山行の方は西上州に比較的に近い父不見山周辺であればと、アカヤシオの群生を期待しておりましたが、見事にタイミングを外しました。右岸尾根では、まだ芽の出ていないツツジを掻き分ける場面もありました。いつ見頃を迎えるのか分かりませんが、一斉に開花が始まると尾根も賑やかになり、ツツジの花に行く手を阻まれることになるかもしれませんね(笑)
小鹿野町の藪尾根はくせになりそうです^_^
HIDEJI 2017/04/17(Mon) 20:36 No.454
谷川岳

スキーだけでなくスノボ担いで行く人もいるんですね。かなり重たそうですが(笑)。
2日の谷川岳がこんなに天気がいいとは思いませんでした。残雪歩きするなら先週が良かったようですね。青空が羨ましいです。
雪山の虜になられたようですし来シーズンがもう待ちきれなかったりして(笑)。慣れてきたらラッセルに奮闘するHIDEJIさんも見られますかね。
私は今年も6月くらいに谷川岳周辺に行こうと思ってます。泊まりで普通に縦走か藪・沢かは決めてませんが。水場を活用すれば水が減らせそうですが今年は雪が多いようだし朝日岳の水場が埋もれてるとめんどくさいですね。まあ雪があるなら雪を舐めればいい気もしますが。

ふみふみぃ 2017/04/09(Sun) 08:37 Home No.451 [返信]
Re: 谷川岳
ふみふみぃさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
スノボーを担いでスノーシューで登っている方がいましたが、私などあっさりと抜かされました。あれは真似出来ません(^_^;)
あの晴天の中を歩いてしまっては、雪山の虜になりますね〜。今回、前日にアマゾンから届いたピッケルを持参したのですが、役にたちませんでした(笑)
他にも道具を揃えて来シーズンを迎えたいと思いますが、早くも待ち遠しいですね〜(笑)
もしかしたから、ラッセルでもがき苦しんでいる姿も晒すかもしれませんね(^_^;)
6月ごろに谷川というと巻機山への縦走ですか。昨年ニアミスしましたね。私も6月ごろに去年と同じ時間帯から再挑戦してみたいですね。とだんだんその気になってきました(^_^;)
HIDEJI 2017/04/09(Sun) 20:50 No.452
谷川岳

こんばんわ。
やっちゃいましたね!もう雪山のとりこになられたのでは(笑)
谷川付近の山々は雪が綺麗で豊富です。標高以上の景観があるのは間違いないですよね。静かなお山もいくつもあるんで、仙ノ倉への縦走や馬蹄形は日の長い6月がベストだと思います。水を多めに持っていくか途中で汲むか悩みますが。

みー猫 2017/04/07(Fri) 19:37 No.447 [返信]
Re: 谷川岳
みー猫さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
もう、すっかり雪山の虜になりました。あまりエスカレートしないように気を付けなければいけません(^_^;)
谷川も例年に比べて雪が多かったようですね。そんなことをベテランハイカーさんが言われてました。しかし2,000mに満たない標高の割に、あの息を飲むような景観にはうっとりです^_^
馬蹄型縦走もさることながら、仙ノ倉への縦走も気になりますね〜。前回、水を5リットル担いだのですが、それでへばりましたので、悩みどころです。それと足攣り対策を考えないとなりません(^_^;)
HIDEJI 2017/04/08(Sat) 08:59 No.450
谷川岳

こんばんは。
谷川岳いいですね。晴天で白青の世界が続いて、最高の日和じゃないですか。まして、登山道のトレースは締まっているし、ラッセルの余計な気遣いも必要ないし。
雪山は、やはり、トレース泥棒というか、先行者の踏み跡を辿るのが理想で、わざわざ自らトレースをつくるような歩きは避けた方がいいと思いますよ。ましてメジャーの谷川岳ではねぇ。その代償で、ハイカーいっぱいといったがっかり感は致し方ないと思います。
スノボー担ぎの方がちらっと見えていますが、私もこの時期に谷川岳にスキー板を担いで登ったことあります。数珠繋ぎの登りでしたね。それで、肝心なところですが、いざ、滑走下りの段になると、スキーのビンディングがダメになっていましてね。仲間と一緒だったのですが、結局は、自分だけスキーを担いだままで下りました。苦い思い出といったところです。
谷川岳はまだまだ楽しめると思います。さほどにハイカーが押し寄せない白毛門もあるし、いきなり阿能川岳、小出俣山という手もあるでしょう。
ところで、万太郎山方面にトレースとかありました?あのルート、まだ歩いたことがないもので、この時期に歩く人もいるのかなと思って。

たそがれオヤジ 2017/04/06(Thu) 21:48 No.446 [返信]
Re: 谷川岳
たそがれさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
今回は期待以上の楽しい山行となりました。素人的には想像を超える白銀の世界で、これはハマりそうです^_^
天神尾根はトレースも締まっていて、歩くのに支障はなく、快適そのものでした。ラッセルも程度の差はあるのでしょうけど、雪山を知るということでは体験してみたい気はありますが、辛いことはなるべく避けたほうが良さそうですね。
スノボーやスキーを担いでいる方は結構いました。私も滑りたい衝動に駆られましたが、板を担いで下るなんて、それは辛い思い出ですね(^_^;)
しかし天神尾根で見かけた板担いでいた人数より天神尾根を滑走している方は少なかったので、別の斜面を滑られるのでしょうか。気になりました。
白毛門の山頂直下はトレースが見当たらず、あそこは無理だなぁと思いながら眺めてましたが、西黒尾根も登っているハイカーは見かけませんでした。
阿能川岳、小出俣山は存じておらず調べてみましたが、興味をそそられますね。無積雪期はヤブが酷そうで、この時期が良さそうな気もしますが、私みたいな素人にはハードルが高過ぎるように思えます(^_^;)
万太郎山方面もトレースはないようで、歩く方も見かけませんでした。あの稜線はエキスパートの領域なんでしょうか(^_^;)
HIDEJI 2017/04/08(Sat) 08:53 No.449
谷川岳

今晩は。
素晴らしい谷川岳の景色に見惚れてしまいました。
山頂手前の標識の埋まり具合から、積雪の豊富さがうかがえますねぇ〜。
個人的には、オジカ沢の頭の奥の「川棚の頭・俎グラ」の薄っぺらい山凌が好きなのですが。今度訪れる時は、是非注目してみてください。
とにかく、「青と白」の風景に心がスッキリいたしました。

ぶなじろう 2017/04/06(Thu) 21:17 No.445 [返信]
Re: 谷川岳
ぶなじろうさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
天神平スキー場の積雪量が5m近く、往路では、柱の先っちょだけ出ていた熊穴沢避難小屋の存在に気付きませんでした。雪質はモナカ雪というやつでしょうか。ただトレース上は踏み固められてました。
天神尾根を登っていくと左手に見えた俎グラ山凌、雪が貼り付かないほどの断崖絶壁、目が眩むような景観に、ただただ圧倒されてました。元々は俎グラが谷川岳と呼ばれていたのですね。知りませんでした。
今回は谷川岳の奥深さを改めて思い知る事が出来、いろいろな意味で感動いたしました^_^
HIDEJI 2017/04/08(Sat) 08:26 No.448
赤城山にしても谷川岳にしても

素晴らしい天気に恵まれて,最高の雪山でしたネ。
自分も,今年は職場の異動が無ければ,大佐尾山か日留賀岳で,少し長めの残雪歩きを楽しもうと思ったんだケド,残念ながら実行できずになってしまいましたヨ(涙)。
さすがに人気の山は踏まれてますからネ。両山ともワカンの出番は無かったでしょうネ。まぁ,敢えてトレースを外して無理無理使うのも,さすがに憚られるしネ。
赤城は毎年足を運んでますが,谷川の雪山も良さそうですネ。
今まで,遠かったり,人が多かったりで避けていたこともあるのですが,さすがに綺麗な雪山を見せられては。まぁ,来年の候補にさせていただきますヨ。

瀑泉 2017/04/06(Thu) 00:09 No.443 [返信]
瀑泉さん
瀑泉さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
赤城山に引き続き、今回も天候に恵まれ、素人的には十分過ぎるほど雪山を堪能できたと思っております。あれだけの展望が味わえるのであれば、もう他に望むことはありません(笑)
大佐尾山か日留賀岳は、存じておりませんでした。日留賀岳は新緑の時期も良さそうですが、今の時期ですと残雪とツツジのコラボも楽しめそうですね。行きたい山の候補に挙がりました^_^
今回も、おっしゃるようにワカンの出る幕はなかったです。それでも折角だからとアイゼンとのコラボにチャレンジしてみたのですが、修行が足らず瀑泉さんのようにはいきませんでした(^_^;)
それと、私もやっちゃいました!知らぬ間にアイゼンでスパッツをスッパリと(笑)
前回は同行のN氏がやってましたが、よっぽど気を付けて歩かないと繰り返しそうです(泣)
HIDEJI 2017/04/06(Thu) 19:20 No.444
さきたま古墳群と安行寒桜

こんばんは。
古墳群には、小学校の遠足以来、何度か訪れています。いつも「うどん」屋の前まで行くのですが、敷居が高くていまだノレンをくぐれないでいます。
安行寒桜は、天気のせいもあってか、あまりパットせず残念でしたね。本場安行地区では、密蔵院というお寺にまとまって植えられており、そこそこの人出があります。少しだけピンクがかっていて、青天のもとでは結構綺麗でした。とは言っても、「安行寒桜」と表示されていなければ区別はつかないのですけれども。

ぶなじろう 2017/03/31(Fri) 21:44 No.441 [返信]
Re: さきたま古墳群と安行寒桜
ぶなじろうさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
古墳群は初めて訪れましたが、のんびりと楽しめました。あと1週間遅ければ、ちょうど桜も見頃を迎えただろうにと悔やまれます。時間があって忍城辺りまで歴史探索しながら歩ければ、もう少し満足できたかなぁと思います。古墳群が世界遺産に登録されたら、うどん屋さんは、益々混雑するだろうし、いまのうちにと勢いで入ってしまいました(笑)
坂戸の寒桜はパッとせずにイマイチで、ぶなじろうさんの記事にある本場の安行寒桜には、程遠い感じでした(^_^;)
寄った時間も遅くて、もう少し早ければ、ピンクがキレイに映えたのかもしれませんが、タイミングが難しいですね。
HIDEJI 2017/04/01(Sat) 10:53 No.442
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -