おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
冠岩沢左岸尾根

冠岩沢左岸尾根、HIDEJIさん、ここを下られたようですね。ついさっき気づきましたよ。私は26日にここを下りました。上りは冠岩沢右岸尾根を使いました。
ウノタワに行ったのも同じですが、一昨日は積雪後のガスガスで、まったく何も見えませんでした。数日前まではこんないい雰囲気の光景が広がっていたのですね。ちょっと残念ですよ。
ヤシンタイ谷の右岸尾根ですか。これまた難解そうな尾根ですね。乾いた時期ならともかく、凍ったり雪で濡れたこの時期は避けた方が無難ですね。
こうして地形図を見直すと、いろいろと登れそうな尾根がありますね。でも、実際に行ってみると、地形図通りでなかったりといったパターンはよくあるし。
この右岸尾根、尾根を使わずに廃林道を辿るというのは邪道でしょうね。

たそがれオヤジ 2016/11/28(Mon) 12:02 No.411 [返信]
Re: 冠岩沢左岸尾根
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
記事拝見しました。たかが一週間程度でこうも違うと、全く別のような場所のような気がいたします。
冠岩沢左岸尾根は、西尾根のコンパクト版といった印象で気持ちの良い尾根でした。
登りは十津川村さんへのコメントにも記した通り、カジクイ谷の左岸尾根を上り、タタラの頭に出ても良かったかもしれません。ヤシンタイ谷の右岸尾根はバラ尾根とかそちらの尾根に似た雰囲気でしたが、雪が降ると林道からの尾根に復帰する箇所が厄介そうです。
あの辺りはご存知の通り地形図にない廃林道が邪魔だったりと、そんな展開が多いですね。先日も蕎麦粒山、大ドッケ、太平山に繋がる尾根を眺めては、尾根の品定めをしておりました(笑)
HIDEJI 2016/11/29(Tue) 00:21 No.412
無題

こんばんは。
先日鳥首峠から冠岩集落に下る道々に、鉄塔巡視道の黄色いポールを何箇所かでみかけました。そのうちの一本が、多分横倉山への尾根続きのルートなのかなと思いつつ通り過ぎました。いずれはと思っていたので、とても参考になりました。また、大持山南西尾根に接続するであろう支尾根付近にも黄色いポールがあり興味を抱いていたところです。取り付きの急斜面を鉄塔道で回避すると楽なもので。

昔の地図には三工場谷右岸の山腹から蕎麦粒山北尾根に至るルートが載っておりましたが、今は消えていますね。そこら辺りも興味があるのですが、北尾根下部の岩記号が気になって、なかなか足が向きませんです。

ぶなじろう 2016/11/23(Wed) 22:41 No.409 [返信]
Re: 無題
ぶなじろうさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
写真には撮っておりませんが、おっしゃるように冠岩集落から鳥首峠へ向かうとすぐのところに、黄色いポールがありました。そこから巡視路が続いておりますので、すぐにお分かりになると思います。それと大持山南西尾根に接続するであろう支尾根ですか。私が下った尾根よりも歩き甲斐がありそうですね。

三工場谷右岸尾根の件、ぶなじろうさんの以前の記事で確認いたしました。三工場谷からP1155までのルートがあったのですね。そちらの廃道具合も気になります。P872までが心配ではありますが、機会があれば、まずは尾根の末端から歩いてみたいと思います。しかし他にも二工場谷左岸尾根などいろいろとルートがあったのですね。
当時はスズタケなどが繁茂して、今よりもはるかに難易度が高かったのだろうということは、容易に想像は付きますが。
それこそ、本当に通の方だけの領域だったのでしょうね。
HIDEJI 2016/11/24(Thu) 22:16 No.410
無題

こんにちは。
ご無沙汰しております。
浦山郷の奥から入山されるのは久しぶりの由、私もご無沙汰しておりまして、この秋の初めに一年半ぶりに足を運んでみたのですが、やはりあの辺りはいいですね。ぶなじろうさんのおっしゃるように上高地、いや、それ以上だと思いました。。
ヤシンタイ谷の右岸尾根は歩いたことはないのですが、写真を拝見して、秋の初め頃までだとスズメバチに遭いそう、などと勝手に想像してしまいました。
ウノタワは落葉してしまったようですが、帰りの尾根のモミジはみごとですね。あの尾根、前はテープがベタベタとあったように記憶していますが、誰かが掃除してくれたようですね。
もともと歩かれる予定だった三工場谷の右岸尾根――あの尾根の取り付きは、故オッチャンの小屋の裏手辺りじゃなかったでしょうか。歩かれる機会がありましたら、小屋の状態を見てきて頂ければ嬉しいです。

十津川村 2016/11/23(Wed) 13:27 No.406 [返信]
Re: 無題
十津川村さん、こんばんは。
ご無沙汰しております。
久しぶりにのんびりと静かな山歩きが楽しめました。おっしゃるようにあの近辺はいいですね。十津川村さんがどの辺りを歩かれたのか、気になりますが、また熊との遭遇もあったのでしょうか。
スズメバチですか、全く意識してませんでしたが、なるほど、5月に太平山に行った時には2度遭いました。蜂とは相性が悪いので気を付けないといけませんね。
ウノタワの代わりに、下りの尾根で紅葉を楽しませてもらいました。テープもなくいい尾根でした(^-^)
先日の登りは、カジクイ谷左岸尾根も考えたのですが、楽な方を選んでしまいました。
三工場谷の右岸尾根は冬枯れの時期に歩いておきたいと思っておりますが、機会がありましたから、小屋の状況も確認しておきますね。
HIDEJI 2016/11/23(Wed) 20:25 No.408
ウノタワ

タイトルでウノタワの紅葉は終わってたんだろうなあ・・と読み進めてましたがきっちり未知尾根で紅葉一人占めしてるじゃないですか(笑)。
日曜は低山では霧の中を泳いでましたが、標高なのか場所なのかそちらは雲海を見下ろせたんですね。こういうのを見ると西にいけば良かったかと思ってしまいます。
登りの尾根はあちこち人の遺物があるようで、秩父はどこも人の手が入っているのだなと思わせますね。それが石仏とかならともかくつぶれたガレキでは感慨もないですけど。林道終点の拓けた感じのとこはちょっと気になります。
私はウノタワに行ったことがないのでそのうちうまいことルートを考えて行きたいですね。
この前HIDEJIさんが八丁峠から両神山の登山で見られていた赤岩尾根、ブロ友のこぼしださんという方が先日歩かれていました。その記事を見て私は怖いから近寄るのはやめようと思いましたが(笑)。

ふみふみぃ 2016/11/23(Wed) 13:12 Home No.405 [返信]
Re: ウノタワ
ふみふみぃさん、こんばんは。
おっしゃるとおり、下りの尾根では紅葉を独り占めで、贅沢な歩きでしたね(笑)
ウノタワの紅葉を過大に期待していたため、他の紅葉の印象が薄れてました。
日曜は現地に着くまではずっと霧の中を泳いでましたが、浦山口に入ると晴れ渡り、暑いくらいでしたよ。
確かに秩父は林業関係などの遺物は多いですね。山の中でポッと見つけたりすると、近代的な物ではありますが、それでも歴史を感じたりして、個人的には嫌いではないです^_^
特に山深ければ深いほど、その想いは強かったりします。そんな体験が出来るのも私にとって秩父の魅力かもしれません。
林道終点を中心にあの近辺の斜面は広範に伐採されており、カヤト化してますね。ウノタワは紅葉に限らず、いつ行ってもいいと思いますよ。
両神山の近辺も好きなエリアで、特に岩場も多く、赤岩尾根などは昔から気にはなっているのですが、私には力不足で。。
ブロ友さんの記事を拝見しましたが、やはり私には厳しいです(^^;)
HIDEJI 2016/11/23(Wed) 20:22 No.407
岩殿観音

岩殿観音の大イチョウ、見ごろは12月上旬ですか。ネットで調べると、かなり見ごたえがあるようですね。
変な話、あれだけの樹になると、寺の方の掃除が大変でしょう。
見てみたいものですが、今年はHIDEJIさんのレポをお待ちしておりますよ。
山中湖の紅葉見物、空には雲一つない晴天のようですね。あれだけ晴れ渡っていれば、紅葉もちょっとくすんでいてもきれいなものでしょう。
写真、どれもきれいですね。ススキもまたいい感じで。

たそがれオヤジ 2016/11/20(Sun) 19:42 No.403 [返信]
Re: 岩殿観音
たそがれさん、こんばんは。
こんな記事にもお付き合いいただき恐縮です。
ぶなじろうさんが訪れた昨年の記事を拝見すると、まさに黄色の絨毯が敷き詰められたようでしたが、今年こそは是非見てみたいと考えております。
山中湖の紅葉は峠を過ぎているようでしたが、おっしゃるように天候が見方をしてくれました。澄んだ秋空の元、富士山と紅葉の景観が楽しめました。残念ながら山歩きはなかったのですが。。
その代わり、今日はたそがさんの記事に触発されて、久しぶりに浦山近辺を歩いてきました。
HIDEJI 2016/11/20(Sun) 21:49 No.404
両神山

下りの紅葉、すごいですね。岩場の山の紅葉はたいしたことはないだろうといった固定観念があるため、そんなにきれいなのかと、ちょっと驚きまじりのところがあります。
極力、岩場は敬遠の歩きをしていますが、落合橋の駐車場に車を置いたハイカーは、皆さん八丁尾根経由で両神山に登るのでしょうか。まさか八丁峠往復の紅葉見物ではないでしょうね。だとすれば、皆さんすごいものだなと思います。あんな垂直に近い岩場の連続では。自分ならまずは遠慮するコースですよ。
わらじかつどんというのはそんな感じですか。さらにソバを付けたら相当なボリュームでしょう。市内の140号沿いに安田屋というのがありますね。あそこ、いつも外で待っている人がいるようですが、土曜日もちょうど昼時だったためか、20人ほど並んでいましたよ。どんなものかと見てはみたいと思っていますが、カツ丼そのものが胃にもたれるので、食べる気にはなれなくて。

たそがれオヤジ 2016/11/14(Mon) 09:38 No.401 [返信]
Re: 両神山
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、ルート上での紅葉は期待しておりませんでしたので、下りの紅葉はラッキーでした。
落合橋は、八丁トンネルに駐車する場合と違って、今回のような周回ルートを歩けます。八丁尾根をピストンするよりも時短できて楽なため、落合橋に駐車する方は、同じような周回をされているケースも多いと思われます。両神山から落合橋までのルートは立入禁止ではありますが。。。
あとは、赤岩尾根や狩倉尾根などエキスパートの領域を歩く基点にもなりますから、中にはそちらへ向かうハイカーもいるのではないでしょうか。
八丁尾根の岩場はクサリを利用すれば、楽だと思いますが、クサリを使わないで登る経験を積んでおけば、ちょっとした岩場に出くわしたとしても、対処できるかなくらいの気持ちで臨んでました。
わらじかつは夕方まで待たされ、お腹も空いて人気ナンバーワンセットを頼んだのがあれでした。美味しかったのですが、さすがにボリューム的は結構きついです。
140号沿いの安田屋は土日はいつ通っても並んでいますね。
一人では全く食べたいとは思わず、寄る気も起らないのですが、今回は特別でした(^^;)
HIDEJI 2016/11/15(Tue) 01:09 No.402
黒斑山

HIDEJIさんが黒斑山をご存じなかったとは意外なところがあります。
それにしても、なかなか秩父編に入りませんね(笑)。それはそれで期待もしているのですよ。もうそろそろ紅葉に突入ではないでしょうか。
さて、歩かれた周回コースは二度ほど歩いたことがあります。私も好きなコースなのですが、やはり浅間山、カラマツ紅葉がきれいですね。内輪の中まで黄色じゃないですか。「まだ少し早い」とはなっていますが、こんなものかなとか、これだけでも十分じゃないのかなと思っています。ここで赤いのを期待しては無理かなと思ったりもするのですが。
南木佳士の短編集に『草すべり』というのがあります。まさにその草すべりを歩いたものですが、私にはなかなかの傑作です。文春文庫にありますので、興味がありましたら読んでみてください。後悔はしないと思います。
外輪山の鋸岳に北側から登る通称バカ尾根というのがあって、いつか歩こうかなと思っているのですが、大方は火山の名残りを歩くところだろうし、緑もないところだろうなと先延ばししているのですが、内輪の様子がこうなら、少しは紅葉も楽しめるのかなと思ったりしています。
ところで、HIDEJIさんカメラをグレードアップしました? 八ヶ岳以来の写真、絵ハガキみたいですね。前にもこんなことを記したような気もするのですが。

たそがれオヤジ 2016/10/28(Fri) 22:08 No.395 [返信]
Re: 黒斑山
たそがれさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
個人的には限られたエリアしか目が向かないため、このような機会でもないと知ることのない山でした(^^;)
しかし秩父は近いのになかなか足が向かないですね(笑)
秋も深まるこの時季、秩父の一人歩きは最高なんですが、今週も行けそうになく。。。
それと内輪のカラマツの紅葉は綺麗で感動しました。ただネットで事前に見た黄に染まったカラマツの紅葉があまりにも強烈だったので、少し物足りなく感じたのかもしれません。
『草すべり』お薦めいただきありがとうございます。
早速、読んでみましたが、面白すぎて他に収録されている「バカ尾根」「穂高山」なども一気に読了しました。先月登った奥穂もそうですが、先に読んでおけばよかったなぁというのが、正直な感想です(汗)
たそがれさんは、前掛山にも登られたのでしょうね。それも今は叶いませんが、クルマユリの咲くころにまた行ってみたいですね。「浅間に二度登るバカ」になりそうです。
鬼押出しに続く尾根がなぜバカ尾根と名付けれたのだろうと気になっておりましたが、「バカ尾根」に一説が記載されてましたね。バカが下るあの世への入り口へ続く路を歩いてみたくなりました(笑)
写真の件、以前にもお褒めいただきましたが、ありがとうございます(^^)
カメラは一度泥まみれになりましたが、以前から変わらずミラーレス一眼レフです。フルサイズは重いので、山で使うには丁度よいかなと使っております。
HIDEJI 2016/10/29(Sat) 15:44 No.396
Re: 黒斑山
こんばんわ。
まさにこの時期に行きたい浅間山です!いやぁ素晴らしいです。でも自分としてはこの時期にてんぱって降雪を待ち、カラマツに浅間の頭が白い状態で見たい〜っとガマンしてます。でも拝見しましてますますあの黄色の中を歩きたいなぁと。定年後じゃないと無理かな〜・・・前掛山は今は行けないのですね。HIDEJIさんも凄い歩きされるけどinoueさんってさらにハイパーな方なんでしょうか。オスプレーのザックは気に入っているので次も買いますヨ♪
みー猫 2016/10/29(Sat) 18:39 No.397
Re: 黒斑山
みー猫さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
カラマツの紅葉は良かったですよ。特に雄大な浅間山と衝立のような外輪山に囲まれた中での紅葉は最高でした。なるほど雪を纏った浅間も近くから見てみたいですね。
火山警戒レベルが1になりましたら、すぐにでも前掛山に行っちゃいますよ^_^
私はみー猫さんのお歩きにはとても敵いませんが、inoue さんもハイパーな方です。トレランやマラソンをされているのねで、私とは比較になりませんが、こちらは立ち止まって写真ばかり撮ってますから必然的に置いてかれます(^^;)
オスプレーのザックはいいですね〜。使ってみてますます気に入りました(笑)
HIDEJI 2016/10/29(Sat) 23:06 No.398
Re: 黒斑山
三月頭に残雪の黒班山に行ったのですが目の前に浅間山が下半分しか見えずがっくりして帰りました(笑)。
HIDEJIさんはどっしりとした浅間山を心行くまで眺められたんだろうなと羨ましいですよ。外輪山のアップもいいですね。カラマツも良い色づきのようですし。転々と生えている黄色いのが面白い光景ですね。
半端な残雪でへたれて蛇骨岳には行かなかったのですがここもまた北への展望が良いとは。登山道とはいえこれはいずれ再訪ですかね(笑)。
HIDEJIさんが奥秩父に行かないようなので代わりに行ってきましたよ(笑)。といっても藪深くもない普通の歩きで奥秩父ッぽくないところでしたが。
ふみふみぃ 2016/10/30(Sun) 10:45 Home No.399
Re: 黒斑山
ふみふみぃさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
三月の記事拝見しました。確かに下半分だけではがっくりですよねぇ(^^;)
今回のカラマツは背が低いため、全体的に黄葉が見渡せたのが良かったですね。
蛇骨岳から見た北に広がる景観はなかなかでしたよ。新潟や日光方面の山々もはっきり見渡せました。しかし雪の浅間山もいいですね。空気の澄んだ冬空の見晴らしは、さらに見ものでしょうね。
奥秩父に行かれましたね。記事を拝見しました。私の予想は外れましたが、写真で見る風景もいつもの足尾の山と違い、何だか親近感を覚えました(笑)
ますます秩父の山へ行きたくなりましたよ(^^;)
HIDEJI 2016/10/30(Sun) 22:16 No.400
八ヶ岳

八ヶ岳も端にある北横岳にちょろっと行っただけでほとんど歩いていないのですが稜線の光景はなかなかいいですね。ハイマツの隙間にシャクっとしたイキモノも潜んでいるようですし。HIDEJIさんの記事を餌にすれば後輩も釣れそうなので来年使ってみようかな(笑)。
晴れの景色もいいですが湖畔の紅葉も綺麗ですね。今年の日光とか那須の紅葉は微妙とか言われてますがここのカエデはすごく綺麗に見えます。
ここ2週ほど奥秩父で紅葉観察を狙っていたのですが天候に見放され叶いませんでした。どうやら天に見放されたようなのでHIDEJIさんがそのうち紅葉を見にいくれることをひそかに期待してます(笑)。

ふみふみぃ 2016/10/22(Sat) 23:30 Home No.393 [返信]
Re: 八ヶ岳
ふみふみぃさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
八ヶ岳の主稜線歩きはオススメです。何といっても関東、中部のほとんどの山塊が一望のもとに見渡せますから。天候が良ければ後輩さんたちも満足すること間違いないと思います(笑)
ただ八ヶ岳に満足すると、薮山に対して拒否反応を示される可能性はありますよ(^^;)
今の時期はシャクナゲさんのシーズンではないようですので、その存在には全く気付かずというか、気になりませんでした。立場をわきまえているというか、その辺のさりげなさも魅力でしょうか(笑)
白駒池の紅葉は少し早かったのか、少し微妙な感じでしたが、なにより人の多さには参りました(^^;)
秩父の紅葉も気になっておりますが、ふみふみぃさんの奥秩父山行も、どの辺りを予定されていたのか、非常に気になります(笑)
HIDEJI 2016/10/23(Sun) 09:35 No.394
八ヶ岳

八ヶ岳もこうして見るとなかなかのものですね。一つ一つの山に存在感があって。
ニュウには行ったことがないので、ずっといずれはと思っていますが、そのままになっており、HIDEJIさんの記事を見て、ますます早いとこ行きたくなりましたよ。
雲海の眺めもまた素晴らしく、異質で神秘的な世界にも見えるものですね。
紅葉の時期だったからでしょうか。見慣れたはずの天狗岳からの眺めにも新鮮味を感じてしまいます。
3連休、帰路の関越は40kmの渋滞でしたか。でも、こんな贅沢歩きをしたのでは仕方もないとでも思った方がいいでしょうね。

たそがれオヤジ 2016/10/19(Wed) 16:58 No.390 [返信]
Re: 八ヶ岳
たそがれさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
八ヶ岳も北の方は歩いたことがなく、ニュウを絡めていつかは、と考えておりましたので、白駒池の紅葉がよいきっかけとなりました。
北八ヶ岳は南側とはだいぶ雰囲気も違いますね。
ニュウもさほど期待しておりませんでしたが、富士山や雲海の眺望に、何だか得した気分にもなりました。やはり八ヶ岳は晴れると見ものですね。天狗岳からの展望は最高でした。
これで人が少なければ言うことないのですが(^^;)
近頃はこのようなメジャーなコースばかりで、帰路の高速渋滞はおまけみたいな感じです(笑)
高速を使わずアクセス出来る秩父が恋しいです。
HIDEJI 2016/10/20(Thu) 20:49 No.391
ジャンダルム

こんばんは。
遅コメ失礼します。
ジャンダルムですか。
やっぱりこちら方面に行かれましたか。
そう云えば初めてお会いしたのが秩父槍ヶ岳の進入禁止コースでしたね。(笑)
私はジャンダルムは無理かなぁ。
HIDEJIさん、ひょっとしてクライマー指向だったりして。

ハイトス 2016/10/02(Sun) 01:17 No.388 [返信]
Re: ジャンダルム
ハイトスさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
遭難の一歩手前でハイトスさんに助けていただいた秩父槍ヶ岳、懐かしいです(笑)
思い起こすと秩父槍ヶ岳の方がよっぽど怖かったです(^_^;)
進入禁止コースは、マジでやばいと危険を感じましたし、あのときは決して往路の直登ルートを下るなんて、選択肢はなかったですから(笑)
人に会わず緩くのんびりと歩くのが好きで、クライマー指向ではないと自負しているのですが、言動が一致していないですかね(^_^;)
HIDEJI 2016/10/02(Sun) 13:45 No.389
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -