山登りのきっかけについて

きっかけ

35才を過ぎて体力の低下や運動不足を意識するようになり、何とかしなければという思いを日々抱いていた。 たまたま山登りに関する本を見て、「これは、なかなか面白そうだ。1度くらいは経験してみても良いかもしれない!」と思ったのと、最近、1人息子が家でゲームばかりしているので、山も近所にあることだから、1度、行ってみようということになり、図書館でガイドを借りて、とりあえず軽い気持ちで近場の山へ行くことにした。

始めての山登り

最初に登った山では、想像以上にバテてしまった。登山がこれほど辛いものだとは思わず、途中で何度も挫けそうになった。しかし、最後まであきらめずに山頂へたどり着いたことが非常に爽快だった。
山頂で食べたおにぎりの味、胸をすくような展望、道端に咲く可憐な花々、どれもが貴重な体験であった。何より山頂まで到達することが一つの目標となり、疲れても最後まで頑張り抜くというプロセスが、自分には合っていると感じた。
そして、山に登ってしばらくすると、また、行きたくなってしまうのだ。山に呼ばれているような気になってしまう。
そんなことで、しょっちゅうではないのだが、山へ行くようになった。

山登りの楽しさについて

山の中で耳を澄ませると木々のざわめき、小鳥のさえずり、動物の鳴き声、渓流のせせらぎなど、いろいろと聞こえてくる。 また、森の中での独特の匂い、登山中には岩や木を触ったりするが、このような自然との触れ合いは気持ちがよい。やはり、癒しの効果などがありストレス解消などの効果があるのだと思う。
 山の中にいると、都会より空気が澄んでいるのはもちろんだが、視覚・聴覚・嗅覚・触覚などの五感が刺激される。このような刺激が脳に良いという事を、何かの本で読んだことがあるが、いろいろと効用はあるのだと思う。少なくとも家にいるよりは。。。
 また、山ではすれ違う人と必ず「こんにちは」などと挨拶を交わす。普段、街中ではそんなことはないが、山の中では老若男女を問わず、気難しそうな人でも挨拶される。 山登りをする人にとっては、当たり前の感覚なのかもしれない。最初は驚いたが気持ちのよい習慣である。
あとは何といっても、休日に家でごろごろしているよりも運動しているので健康にも良い。山は毎回表情を変え、行くたびに新しい感動があると思う。普段の生活では体験できることではないので、出来るだけ続けていきたい。

山登りの危険について

山登りは楽しいばかりではなく、危険も多く潜んでいるため、ある程度の心構えや準備は必要だと言える。
もっぱら独り歩きが基本だが、それだけ遭難や、もしもの時のリスクにも備えないといけない。そこで出来るだけ以下のようなことはしている。 行く先、コース(地図)、行程は家族に伝える。山の中では携帯が通じにくいが、電波の届くところではメールを送るようにしている。そして、登山届も可能な限り提出する。
 簡単なコースといえども、細い尾根道などで両サイドが大きく切れ落ちている(ガケになっている)ようなところもある。それも楽しみの一つではあるのだが、足を踏み外したりちょっとした不注意により、大事故に繋がる可能性がある。そのため油断なく十分に注意し慎重に行動することが常に求められる。