山登りのきっかけについて
名 前 HIDEJI
年 齢 40代
趣 味 改めて考えてみると、これっといったものが思いつかない。何かに手をつけてもすぐに飽きてしまう。
休日もゴロゴロしているので、趣味と呼べるようなことはしていないが、習慣化していることでは、本を読むことぐらい。
特に歴史物。戦国時代や幕末物には目がない。(^^;
とはいえ、もっぱら長距離通勤の時間潰しであり、趣味というよりも、やはりただの習慣か??
あと、本ページの主旨である山登り。山登りというよりは山歩きで初心者の域から抜け出せず、趣味と呼べるほどではないかもしれないが、今後も長続きしそう。
出身・現住地 出身:東京。社会人になってから、千葉で十数年、その後、埼玉に移住。
血液型 大雑把なO型
性 格 熱しやすくて冷めやすいわりに山登り(山歩き)は続いている方?たまにしか行けないけど。 あと単純。いつもポジティブにをもっとうにしているが、ついついネガティブに考えてしまう。
なぜ、山へ行くのか? イギリスの登山家ジョージ・マロリーは「なぜ山に登るのか?」と質問され、「そこに山があるからだ」と答えた。有名な格言だ。 なるほど、低い山でも実際に体験してみると、単純な答えの中に登山の本質が十分表現されていると感じるものがある。
で、私の場合は山登りというよりは山歩きに惹かれたひとりだが、特に人が少ない山の中を何時間もほっつき歩き、自然を満喫できることが、この上ない喜びである。
きっかけでも書いているが、山歩きは疲れるけど、山の空気、川のせせらぎ、小鳥のさえずり、美しい花々や景気、森林の香り、それらに癒されることにより、ストレス解消にもなり、元気にもなれる。また、下山後の温泉も最高である。
この何よりも得難いひと時を過ごすために、山に向かってしまうのだと思う。
山へ行く頻度 その時により、まちまちだが暇さえあれば行きたくなる。そういうことから本ページのタイトルとなった。